F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダの開幕戦バーレーンGP初日by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダの開幕戦バーレーンGP初日by田辺TD

初日を制圧したフェルタッペン+レッドブル・ホンダ。

マックス・フェルタッペンが初日金曜日のフリー走行1と2ともトップタイムを記録し、レッドブル・ホンダ、アルファタウリ・ホンダのホンダPU勢4台が、2021F1GPを好調にスタートした。

昨年まで、金曜日のフリー走行は90分間×2回が行なわれていたが、今季は60分間に短縮。予選とレースの時間帯とは異なる日中に行なわれ、気温も非常に高い中でのFP1で、慌ただしくプログラムが進められた。

FP1では、フェルスタッペンがトップタイム、チームメートのセルジオ・ペレスだ6番手。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、セッション最多の23周を走行して7番手。F1GPデビューの角田裕毅は、21周の走行で14番手につけた。

角田フリー走行2で7番手を記録して順調なデビューを果たした。

予選と決勝は夕闇迫る時刻で始まるが、FP2は、日没直後に開始され、寄り実践に近いコンディションで行なわれ、フェルスタッペンがここでも最速。角田はソフトタイヤでの予選シミュレーションを行ない、フェルスタッペンの0.447秒差の7番手に食い込んだ。

9番手にガスリー、10番手にペレス。ここまでが首位と約0.6秒という接近戦となる中で、ホンダPUを使う4台がトップ10入りを果した。

田辺豊治ホンダF1テクニカルディレクター
「開幕戦の初日の金曜日は、4台とも、基本的に順調に走行し、スムーズな一日となりました」

「例年と異なり、2週間前のプレシーズンテストと同じサーキットでの開幕戦ですので、PU/車体ともにある程度のセッティングのベースができた上で臨んでおり、今年からP1とP2の走行時間が各90分間から各60分間に短縮されたけことに合わせたプログラムの中で設定を行ない、PUのセッティングも予定通り進めることができています。F1初走行のルーキー角田選手を含む4名のドライバーともに、順調 な一日だったと思います」

「土曜日の予選に向けて、十分にデータを確認し、最適化を図り、いい結果を得られるように全力で臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER