F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダ200回目の表彰台

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダ200回目の表彰台

1965年のRA71から56年回で200回の歴史。

バーレーンGPでマックス・フェルタッペンのレッドブル・ホンダが2位表彰台を得たが、これはホンダ・エンジンにとって200回目の表彰台となった。

コンストラクターとしてのホンダという視点では、1964年から1968年の第一期に限られるが、エンジンとしての200勝は、歴史的に価値のある記録となった。

トップは56回(うち優勝が32回)のアイルトン・セナ。2位のプロストの25回の倍以上の登壇数に、改めてセナの怪物ぶりが証明されている。

◆ホンダ・パワーの表彰台200回のドライバー別内訳
*アイルトン・セナ56回
*アラン・プロスト25回
*ネルソン・ピケ24回
**マックス・フェルタッペン21回
*ナイジェル・マンセル19回
*ゲルハルト・ベルガー18回
*ジェンソン・バトン15回
*ケケ・ロズベルグ7回
*ジョン・サーティース4回
*アレキサンダー・アルボン2回
*ピエール・ガスリー2回
*ジャック・ヴィルヌーブ2回
*ダニール・クビアト1回
*ステファノ モデナ1回
*リッチ・ギンサー1回
*佐藤琢磨1回
*ルーベンス・バリチェロ1回

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER