F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダの第2戦初日–「まずまず」by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダの第2戦初日–「まずまず」by田辺TD

完璧な初日をこなし、メルに続いて3番手を記録したガスリー。

イモラ・サーキットでの2021年第2戦の初日、ホンダF1レーシングの4台は、悲喜こもごもの滑りだしとなったが、結果オーライの内容だった。

レッドブル・ホンダは、両ドライバーとも問題を抱えて走行時間が圧縮される厳しい一日だった。セルジオ・ペレスは、FP1でエステバン・オコン(アルピーヌ)との接触で左リアタイヤがパンク、ホイールにもダメージを受けてスピンしてコースサイドにストップ。

このインシデントは審議されたが、接触時に全チームが通信障害のためにドライバーとコミュニケーションを取れなかった状況が考慮され、おとがめなし。

レッドブルは、渋い初日となったが、感触は悪くない。

FP2では、フェルスタッペンが2度目のアタックでセクター1-2を全体ベストで走行中の最終コーナーの縁石にアンダーフロアをぶつけてドライブシャフトの問題が発生。開始10分ほどで走行終了。FP1で首位と0.058秒差の3番手だったが、FP2では14番手に陥落。

ペレスはFP1で16番手、FP2で6番手となって一日を終えた。

一方のスクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、ピエール・ガスリーが好調にプログラムを消化、FP1で5番手だったが、角田裕毅はガレージの確認作業が長引いて最後尾の20番手。午後は2人とも快調なペースを披露して、ガスリーがトップと0.078秒差の3番手、角田が7番手を記録した。

ホンダF1レーシング田辺豊治田辺豊治テクニカル・ディレクター

「エミリア・ロマーニャGP初日金曜日は、両チームにマシンを止めるトラブルが発生したが、トラブルフリーだったスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーがFP2で3番手、角田選手が7番手、レッドブル・ホンダのペレス選手が6番手と、まずまずの状態で週末のレースに向けたスタートを切ることができました」

「FP1では角田選手のマシンの電気系データに気になる部分があったため、FP2に向けてPU・車体の確認と、関連する部品の交換を行ないました。レッドブル・ホンダは、FP1でペレスが接触によりマシンを止め、FP2ではフェルスタッペンがドライブシャフトの異常により5周のみの走行となりました」

「トラブルはありましたが、2つのチームを通して本日得られたデータをここから解析し、土曜日の予選、日曜の決勝に向けて、さらなるセッティングの最適化を進めます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER