F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   雨に始まり、赤旗再スタートの大波瀾のF1GP第2戦

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

雨に始まり、赤旗再スタートの大波瀾のF1GP第2戦

ランド・ノリスは二度目の表彰台。週末を通じて、マクラーレンは注目すべき速さをみせた。

2021F1GP第2戦エミリア・ロマーニアGPは、雨が混乱を呼び、際どいアクシデントも重なって、文字どおりの波瀾の展開をみせた。

名手ハミルトン+メルセデスがコースアウトしてグラベルに捕まった。ボッタス+メルセデスとラッセル+ウィリアムズが300km/hの緩いコーナーで接触してバリアに吹っ飛ばされて赤旗中断、ペレス+レッドブル・ホンダが何度もコースアウトを繰り返した。

最後尾スタートだった角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは、スタートダッシュを決めて14番手までポジションを上げたが、コースオフ。なんとか建て直して13位でゴールしたが、ここでもF1GPのクォリティとレベルを思い知らされるレースだった。

そして、レースの最後を締めたのは、中盤までフェルタッペン+レッドブル・ホンダに次ぐ2番手をキープしながら、30周目に、周回遅れの処理を焦ってコースアウト、9番手にポジションを落としたハミルトン+メルセデスの追い上げだった。

序盤のウェットコンディションは、手に汗握るリスキーなせめぎ合いが連発した。

ハミルトンは、ファステストラップを何度も更新してポジションを取り返し、63周レースの55周目に2番手のノリス+マクラーレンに追いつき、59周目にDRSを使ってパス。20秒以上先をいくフェルタッペン+レッドブル・ホンダと、ファステストラップの応酬が繰り返されたが、届かず。しかし、この2位は51戦連続入賞の記録。改めて強さを証明するものだった。

次の第3戦は、2週間後のポルトガルGP。F1GPは面白さを保ったまま、去年からF1GPに仲間入りしたアルカルベに舞台を移して行なわれる。

【STINGER】
photo by MERCEDES / REDBULL

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER