F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/ポルトガルGP 決勝

NEWS

ライブタイムメモ/ポルトガルGP 決勝

◆ライブタイムメモ
2021F1GP第3戦ポルトガルGP
アルカルベ
決勝

<14時35分>
第3戦ポルトガルGPの決勝を控えるアルガルベ・サーキットは、気温19.3℃、1.0m/sの昨日と同じ強い風の中で決勝レースを待っている。

<14時45分>
トラックリミットオーバーがなければポールポジションだった。タラレバはないとはいえ、フェルタッペン+レッドブル・ホンダの速さは本物。レースペースも悪くない。

フロントローに並んだメルセデス勢に対して、2列目を占めたレッドブル・ホンダのスタートダッシュに注目!!

<14時56分>
アップダウンの激しいコースは、コーナーの先が見えない乱戦必至のレイアウトだ。DRSゾーンは今年は2カ所に増え、さらに闘いに激しさを加えた。

角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが、F1GPの洗礼から脱出して、力を出せるレースになるかどうか、ここにも注目!!

<15時00分>
フォーメーションラップが始まった。

風は弱まって0.7m/s。

<15時03分>
スタート!!
まずは、メルセデス2台がホールショット。フェルタッペン+レッドブル・ホンダを引き連れて1コーナーを回った。アロンソ+アルピーヌがコースをはみ出した。

<15時04分>
ライコネン+アルファロメオのフロントウィングが飛んだ。誰かと接触? ジオヴィナッツィ+アルファロメオのリアタイヤに当たった。
ライコネン+アルファロメオはマシンを停めた。

セーフティカー!!

☆☆
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダはスタートでポジションを上げたが、左前輪をロックさせてバイブレーションに見舞われている。

4周目(セフティカー中)
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. サインツ+フェラーリ
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. ノリス+マクラーレン
7. オコン+アルピーヌ
8. ルクレール+フェラーリ
9. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ラッセル+ウィリアムズ
12. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
13. リカルド+マクラーレン
14. アロンソ+アルピーヌ
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
16. ストロール+アストンマーチン
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. マゼピン+ハース
—-以下、リタイア
ライコネン+アルファロメオ

☆☆
ラッセル+ウィリアムズがファステストラップ。

<15時15分>
リスタート。フェルタッペン+レッドブル・ホンダがハミルトン+メルセデスの虚を突いて2番手。

☆☆1-2-3はそれぞれDRS圏内。

<15時19分>
10周目
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがボッタス+メルセデスのDRSを狙っている。

☆☆逆に後方のハミルトン+メルセデスにDRSを使われて3位に後退。

☆☆フェルタッペン+レッドブル・ホンダが最終コーナーで微かにミスしてボッタス+メルセデスから離れ、ハミルトン+メルセデスに近づかれDRSの餌食になった。

<15時26分>
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ノリス+マクラーレン
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. サインツ+フェラーリ
7. ルクレール+フェラーリ
8. オコン+アルピーヌ
9. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. リカルド+マクラーレン
12. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
13. アロンソ+アルピーヌ
14. ストロール+アストンマーチン
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. マゼピン+ハー

<15時31分>
18周目
リカルド+マクラーレンがフェッテル+アストンマーチンを抜いて10番手へ。

<15時33分>
20周目
ハミルトン+メルセデスがボッタス+メルセデスを抜いてトップへ。

☆☆フェルタッペン+レッドブル・ホンダもボッタス+メルセデスに接近している。

<15時35分>
21周目。
ハミルトン+メルセデスからチームに、「タイヤがイッちゃっている」と無線。例によって、ハミルトン得意の“ブラフ”?

26周目
ルクレール+フェラーリがピットイン。
10番手でレースに戻った。

<15時50分>
66周レースの32周目
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがボッタス+メルセデスのDRS圏内にいるが、仕留めることはできないでいる。

34周目
レースの半分が経過。ハミルトン+メルセデスがファステストラップです。逃げ、ボッタス+メルセデスに3.633秒の差をつけている。

オコン+アルピーヌがガスリー+アルファタウリ・ホンダをパスして11番手へ。

35周目
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがピットイン。ミディアムからハード。

37周目
ボッタス+メルセデスがピットイン。
目の前でコースインしたボッタス+メルセデスをフェルタッペン+レッドブル・ホンダがパス。

38周目
ハミルトン+メルセデスがピットイン。ペレス+レッドブル・ホンダの後、フェルタッペン+レッドブル・ホンダの前でコースイン。

<16時00分>
1. ペレス+レッドブル・ホンダ
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ボッタス+メルセデス
5. リカルド+マクラーレン
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ストロール+アストンマーチン
8. ノリス+マクラーレン
9. ルクレール+フェラーリ
10. サインツ+フェラーリ
11. オコン+アルピーヌ
12. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
13. フェッテル+アストンマーチン
14. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. マゼピン+ハース

41周目
アロンソ+アルピーヌがピットイン。6番手から11番手に後退。しかし、アルピーヌとしては順調なペース。

42周目
リカルド+マクラーレンが5番手からピットイン。ピットをオーバーシュートしたが、10番手で復帰。

45周目
オコン+アルピーヌがサインツ+フェラーリをパスして7位へ。

66周レースの51周目
ハミルトン+メルセデスがペレス+レッドブル・ホンダを抜いてトップに戻った。

☆☆アロンソ+アルピーヌがリカルド+マクラーレンを抜いて9番手へ。

52周目
ペレス+レッドブル・ホンダがピットイン。タイヤの持たせ方の巧さ!!

53周目
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. ペレス+レッドブル・ホンダ
5. ノリス+マクラーレン
6. ルクレール+フェラーリ
7. オコン+アルピーヌ
8. サインツ+フェラーリ
9. アロンソ+アルピーヌ
10. リカルド+マクラーレン
11. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
12. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
13. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
14. ストロール+アストンマーチン
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. マゼピン+ハース

56周目
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがコーナーをオーバーシュート。現在15番手。

59周目
アロンソ+アルピーヌがサインツ+フェラーリをパスして8番手へ。

66周レースの65周目
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがピットイン。ファステストラップ取りの作戦。

最終ラップ
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがセクター1最速。
ファステストラップを塗り替えた。1分19秒台。ボッタス+メルセデスと19/1000の差。

ハミルトン+メルセデス97回目の勝利!!

トラックリミット違反で、フェルタッペン+レッドブル・ホンダのファステストラップは取り消し? ボッタス+メルセデスがファステストラップの1ポイントをさらった

結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. ペレス+レッドブル・ホンダ
5. ノリス+マクラーレン
6. ルクレール+フェラーリ
7. オコン+アルピーヌ
8. アロンソ+アルピーヌ
9. リカルド+マクラーレン
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
11. サインツ+フェラーリ
12. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
13. フェッテル+アストンマーチン
14. ストロール+アストンマーチン
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. シューマッハ+ハース
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. マゼピン+ハース
—-以下、リタイア
ライコネン+アルファロメオ

【STINGER】
photo by MERCEDES

 

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1最新ニュースデータ

more

F1ポイントランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位ルイス・ハミルトン69ポイント
2位マックス・フェルスタッペン61ポイント
3位ランド・ノリス37ポイント
more
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位メルセデスAMG101ポイント
2位レッドブル・ホンダ83ポイント
3位マクラーレン53ポイント
more
情報なし