F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのモナコ初日by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのモナコ初日by田辺TD


2021F1GP第5戦モナコGPのフリー走行1と2が、20日木曜日にモナコ・モンテカルロで行なわれた。

FP1でレッドブル・ホンダが1-2。FP2ではHondaパワーユニット勢3台がトップ8入り。予選に向けて取り組むべき課題も見えた。

伝統の市街戦モナコは2年ぶり。FP1ではセルジオ・ペレスがソフトタイヤで、サインツ+フェラーリを約0.1秒上回るトップタイム。3番 手にミディアムタイヤのフェルタッペン+レッドブル・ホンダが続いた。

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダも好調な滑り出しで、ピエール・ガスリーが4番手。角田裕毅もモナコGP初走行で早々にペースを上げて9番手でFP1を終えた。

しかし、トップ2をフェラーリが占めた午後のFP2は、厳しいセッションに。角田は、プールサイドセクションの先でガードレールに接触、11ラップだけの走行に留まった。

他の3台がトップ8に入ったが、フェルスタッペンがハミルトン+メルセデスと0.007秒差の4番手。トラフィックにソフト・タイヤのアタックを渋滞に阻まれたガスリーが7番手、ペレスが8番手となった。

モナコの伝統通り、金曜日は走行セッションがなく、土曜の予選に向けて、いつもよりも1日多い作業時間があるが、グリッドがレース結果を左右する予選に向けて調整に取り組む。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「2年ぶりのモナコGP初日は、PUとしてはトラブルなく順調な一日となりました。今年の新しいPUでの走行初日でもあったので、基本的な機能確認に合わせてPUの設定データの変更なども行ない、各種データを集めま した」

「まだ木曜ですが、P1ではトップ10に4台、P2でも3台が入り、悪くない結果だと思っていますが、ここまでと同様に非常に僅差の戦いになると想定しています」

「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田は、P2途中でガードレールに接触し、若干マシンにダメージを受け、修復のために残念ながらセッションを途中で切り上げることとなり、初走行のモナコで、貴重なプラクティスの時間を失う結果となりました。金曜はモナコGP特有のスケジュールで走行がありません。データをじっくり見直し、土曜日から挽回してほしいと思います」

「我々も、モナコならではのこの時間を有効に使い、非常に重要な土曜の予選と、その後のレースに向けて準備を進めていきます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER