F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/モナコGP フリー走行

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/モナコGP フリー走行

◆ライブタイムメモ
2021F1GP第5戦モナコGP
モナコ・モンテカルロ
フリー走行3

<11時30分>(日本時間18時30分)
予選を前にした最後の走行であるフリー走行3を控えたモナコ・モンテカルロは、気温は19℃と、すき通った空気が心地よいコートダジュールの青空に、シュシュッと小筆で描いたような白い雲が浮かんでいる。

朝方ににわか雨が落ち、夕方に雷雨の予報が出ているが、いまのところセッション過し易いドライコンディションで行なわれそうだ。

<12時40分>
フリー走行2では、地元出身のシャルル・ルクレールが“自分の庭”で最速、チームメイトのカルロス・サインツと1-2を記録したが、金曜日の中日をはさむことと、降雨のために、路面状況はまったく別物になっていることが想定される。

☆☆ そこを見越した最後の1時間に対して、金曜日にどのチームが何をてきたのかがここで判明する。勢いのフェラーリか、王者メルセデスか。もちろん、レッドブル・ホンダとスクーデリア・アルファタウリ・ホンダからも目が離せない。

☆☆ フリー走行2で走行のチャンスを逸してしまった角田裕毅が、どこまで挽回できるかにも注目だ。

フリー走行2結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. ハミルトン+メルセデス
4. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
5. ボッタス+メルセデス
6. ノリス+マクラーレン
7. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
8. ペレス+レッドブル・ホンダ
9. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ライコネン+アルファロメオ
12. アロンソ+アルピーヌ
13. ストロール+アストンマーチン
14. オコン+アルピーヌ
15. リカルド+マクラーレン
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. マゼピン+ハース
19. シューマッハ+ハース
20. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ

<11時50分>
筑波サーキットと同じレベルの身近さとコース幅。ただし、ガードレールに囲まれた金網デスマッチ。モナコ湾は緊迫感に包み込まれている。

☆☆ フリー走行1で4周しかできなかったがフリー走行2で最速。しかし、地元のルクレールは、「フェルタッペンもハミルトンは余裕があるはず」と慎重なコメントだ。

<12時03分>
ライコネン+アルファロメオが最初にコースインした。コース上には1台だけがエキゾーストノートを響かせている。

☆☆ V12やV10時代には、林立するビルにこだましたエキゾーストが、モナコ湾に吸いこまれる独特のムードがあったが、音がエネルギーに活かされている現代のパワーユニットでは、その迫力がおとなしくなったのは否めない。

<12時10分>
メルセデス2台と、フェルタッペン+レッドブル・ホンダ、オコン+アルピーヌ以外の16台がコースインしてタイムを記録している。ルクレール+フェラーリとサインツ+フェラーリが交互にモニター最上段を奪い合っている。

☆☆
1. ルクレール+フェラーリ
2. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
3. サインツ+フェラーリ
4. ライコネン+アルファロメオ
5. リカルド+マクラーレン
6. ノリス+マクラーレン
7. アロンソ+アルピーヌ
8. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
9. ストロール+アストンマーチンン
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
11. ラッセル+ウィリアムズ
12. ミック・シューマッハ
13. ラティフィ+ウィリアムズ
14. マゼピン+ハース
15. フェッテル+アストンマーチン
16. ペレス+レッドブル・ホンダ
17. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
—-以下、連続周回なし
オコン+アルピーヌ
ハミルトン+メルセデス
ボッタス+メルセデス

<12時18分>
全車がコースインして活気が出できた。
1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
5. ノリス+マクラーレン
6. ペレス+レッドブル・ホンダ
7. ライコネン+アルファロメオ
8. リカルド+マクラーレン
9. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
10. ストロール+アストンマーチン
11. フェッテル+アストンマーチン
12. ラティフィ+ウィリアムズ
13. アロンソ+アルピーヌ
14. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
15. ラッセル+ウィリアムズ
16. オコン+アルピーヌ
17. ミック・シューマッハ
18. マゼピン+ハース
19. ハミルトン+メルセデス
20. ボッタス+メルセデス

<12時21分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが2番手へ。最速のルクレール+フェラーリから3番手のサインツ+フェラーリのトップ3だけが1分11秒台。

<12時24分>
ハミルトン+メルセデス4番手、ボッタス+メルセデス7番手へ。

<12時27分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダはソフト・タイヤで16周して14番手。チームメイトのガスリーは、ミディアムタイヤで9番手。角田裕毅は昨日失った完熟に周回を充てなければならないのが辛い。

<12時33分>
ボッタス+メルセデスとハミルトン+メルセデスがシケインと最終コーナーでコントロールを乱した。ノリス+マクラーレンがルクレール+フェラーリに最終コーナーで追突しそうになった。みなさん、いつも以上にテンションが高い!?

☆☆ ここまで、それぞれの最速タイムは、ペレス+レッドブル・ホンダとガスリー+アルファタウリ・ホンダだけが、ミディアム・タイヤ。

<12時43分>
ラティフィ+ウィリアムズがプールサイド先のイン側のガードレースにタイヤを当て、コントロールを失って出口でクラッシュ。
赤旗。

☆☆ 赤旗中。
1. サインツ+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ルクレール+フェラーリ
4. ノリス+マクラーレン
5. ハミルトン+メルセデス
6. ボッタス+メルセデス
7. ペレス+レッドブル・ホンダ
8. ライコネン+アルファロメオ
9. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
11. ストロール+アストンマーチンン
12. フェッテル+アストンマーチン
13. リカルド+マクラーレン
14. アロンソ+アルピーヌ
15. マゼピン+ハース
16. ラティフィ+ウィリアムズ
17. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
18. ラッセル+ウィリアムズ
19. オコン+アルピーヌ
20. ミック・シューマッハ

<12時48分>
セッション再開。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダもコースインした。

<12時55分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダへ、セクター2区間ベストで、トップへ。

<12時58分>
シューマッハ+ハースがカジノ先のコース最頂点で激しくガードレールにクラッシュ。リヤが最初にガードレールに当たって、反動でフロントサスが接触大破。
二度目の赤旗。

フリー走行3結果

1. サインツ+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ルクレール+フェラーリ
4. ノリス+マクラーレン
5. ハミルトン+メルセデス
6. ボッタス+メルセデス
7. ペレス+レッドブル・ホンダ
8. ライコネン+アルファロメオ
9. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
11. ストロール+アストンマーチン
12. フェッテル+アストンマーチン
13. リカルド+マクラーレン
14. アロンソ+アルピーヌ
15. マゼピン+ハース
16. ラティフィ+ウィリアムズ
17. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
18. ラッセル+ウィリアムズ
19. オコン+アルピーヌ
20. シューマッハ+ハース

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER