F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   佐藤琢磨、インディ500を14位でフィニッシュ

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

佐藤琢磨、インディ500を14位でフィニッシュ

チームの作戦に翻弄された佐藤琢磨。後方は優勝のカストロネベス。

2021年5月30日に行なわれた2021年NTTインディカー・シリーズ第6戦インディ500の決勝レースが行なわれ、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングのNo.30 パナソニック/ピープルレディ ダラーラ・ホンダを駆る佐藤琢磨はレース中に2度首位に立ったものの、結果的に14位でフィニッシュした。

15番手からスタートした琢磨は、レース序盤の大半を14番手で走行し、燃費を稼いだ。最初のピットストップが迫ったときにイエローが提示され、ピットロードがクローズされ、琢磨は燃費を極力抑えたモードでの走行を余儀なくされた。琢磨は9番手を走行中の38周目に最初のピットインを行ない、8番手でコースに復帰した。

リスタートは、ライアン・ハンターレイとパトリシオ・オワードをパスして6番手に浮上。次のスティントでも燃費を稼ぎ、2番手だった79周目に2回目のピットストップ。82周目に10番手となり、6周にわたってレイホールとポジション争いを展開。113周目に2番手に返り咲き、その3周後に3回目のピットストップを行なった。

レイホールがクラッシュした影響で6周にわたってイエローが提示。琢磨はさらに燃費を稼ぐことになる。次のスティントで9番手以降に後退することはなく、6ラップをトップ走行。157周目に4回目のピットストップを行なった。

ここから燃費をギリギリまでセーブした走りを要求されて18番手まで後退したが、チームはこの戦略を取り止め、琢磨にフルリッチで走行させて193周目にトップまで浮上したところでピットストップを行なった。

その後、14番手でコースに復帰した琢磨は、そのままのポジションでチェッカードフラッグを受けた。

佐藤琢磨
「まず、エリオ・カストロネヴェスに最大限の賛辞を送ります。4回の優勝なんて、まさに生きる伝説です。本当に信じられません。彼が優勝した瞬間を、多くの観客、そして多くのファンと共有できたことを嬉しく思います。今日の雰囲気は信じられないほど素晴らしいものでした。以前とまったく変わりなかったほどです。僕たちのレースは、思いどおりに運びませんでした。最後のスティントで燃料をセーブするのは本当に難しい判断でした。僕たちはイエローが提示される奇跡を期待していましたが、残念ながらそうはなりませんでした。それまで僕たちは、エリオの直後にあたる6番手か7番手を走行していました。チームは優勝を引き寄せるために最大限の努力をしましたが、今日は僕たちの1日ではなかったようです。もちろん、とても残念な結果ですが、僕たちはここから学んでさらに前進しなければいけません」

次のデトロイトの市街地コースが舞台のダブルヘッダーは、6月12〜13日に開催される。

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER