F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのアゼルバイジャンGP–by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのアゼルバイジャンGP–by田辺TD

2km超の長いストレートと、モナコのよりも狭い市街地が特徴。

今週末の2021F1GP第6戦アゼルバイジャンGPは、2016年に初開催されたアゼルバイジャンの首都バクーの中心部の市街地コースが舞台。ホンダはこれまで表彰台獲得がなく、2年ぶりの開催となる今回、トロフィー獲得を目指している。

メインストレートは2㎞以上に及び、スリップストリームを使ったオーバーテイクも頻繁に見られる。一方、モナコ同様のタイトな低速コーナーが続くセクションもあり、その両方でパフォーマンスを発揮するために、最適なバランスを 見出す必要がある。

最高速度は21戦中最速であり、パワーユニット側はエネルギーマネージメントを含め、パフォーマンスを最大限に引き出すことが求められる。その一方で、チームもデータを分析しながら空力セットアップを最適化して、好結果を目指す。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「昨年はコロナ禍の影響でキャンセルされたアゼルバイジャンで、ですが、今回は、レッドブル・ホンダのフェルスタッペンが優勝したモナコGPと同じく市街地コースですが、特性は大きく異なります」

「バクーの市街地コースは、モナコの3km少々に対して全長6kmあまりと距離が長いことに加え、第1・2セクターは市街地コース特有の狭い道幅と90度コーナーで成り立ち、一方、最終セクターに2kmを越えるアクセル全開区間があり、低速コーナーとストレートのパフォーマンスをバランスよく両立させることが重要となります」

「PUとしては、低速コーナーでのドライバビリティーと長いアク セル全開区間を考慮したエネルギーマネージメントなどが重要となります。以前のアゼルバイジャンでの走行データ、また今期ここまでのデータを参照し、PUの最適設定を準備して臨みたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER