F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   メルセデス、ピットレーンでスピンの異変–シュタイヤーマルクGP-1初日トピックス

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

メルセデス、ピットレーンでスピンの異変–シュタイヤーマルクGP-1初日トピックス

ピットレーンでスピン!! 考えられない醜態を演じたメルセデス。

メルセデス-レッドブル・ホンダ-フェラーリの序列が完全に崩壊した。

連戦のレッドブル・リンクの初戦初日、トップ3で残っているのはレッドブル・ホンダだけ。2番手にリカルド+マクラーレン、3番手にオコン+アルピーヌというオーダーになった。

ハミルトン+メルセデスの4番手は、例によって三味線で、本気を出していないようにも見えるが、ボッタス+メルセデスは、ピットでスピンするという考えられない事態を提供した。ボッタスのミスとは思えず、何らかのトラブルでまともにスタートできなかったに違いない。いずれにしても、メルセデスはここだけみると完全に王者ではなくなったように写る。

フェラーリは11番手と13番手。ここ数戦の“定位置”といえるポジションだった。

マクラーレンとアルピーヌが台頭し、フェッテルとストロールのアストンマーチンが6番手と8番手。

不遇だったのはアルフエタウリ・ホンダだった。ガスリー+アルファタウリ・ホンダは、フリー走行2の開始のところでパワーユニットのデータに異変が発見され、確認のために出走できなかった。それでも、フリー走行1でフェルスタッペン+レッドブル・ホンダに次ぐ2番手タイムで、速さを見せている。

フリー走行2をガスリーが欠場したことで、データ収拾のすべてを担当することになった角田+アルフエタウリ・ホンダは、フリー走行2を15番手タイムと不振に終わったが、こちらもフリー走行1で5番手を記録して、期待をつないでいる。

フリー走行2結果
1. フェルスタッペン+レッドブル・ホンダ
2. リカルド+マクラーレン
3. オコン+アルピーヌ
4. ハミルトン+メルセデス
5. アロンソ+アルピーヌ
6. フェッテル+アストンマーチン
7. ノリス+マクラーレン
8. ストロール+アストンマーチン
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
11. サインツ+フェラーリ
12. ボッタス+メルセデス
13. ルクレール+フェラーリ
14. ライコネン+アルファロメオ
15. 角田+アルフエタウリ・ホンダ
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. シューマッハ+ハース
18. マゼピン+ハース
19. ラティフィ+ウィリアムズ
・・・・以下、ノータイム
20. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ

[STINGER]山口正己
photo by HONDA

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER