F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第10戦/イギリスGP/シルバーストン/フリー走行1

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第10戦/イギリスGP/シルバーストン/フリー走行1

◆ライブタイムメモ
2021F1GP第10戦
イギリスGP
シルバーストン・サーキット
ノーザンプシャー(イギリス)

<14時30分>(日本時間22時30分)
高速サーキットのシルバーストンの週末が始まった。

シルバーストン上空は、雲が浮かんだ青空が広がっている。
気温は25℃。

<14時38分>
シーズンをリードするハミルトン+メルセデスとフェルタッペン+レッドブル・ホンダが1-2。ペレス+レッドブル・ホンダ、オコン+アルピーヌ、角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが続いている。

フェッテルとストロールのアストンマーチン勢だけがコースインしていない。

<14時40分>
フェッテル+アストンマーチンがコースイン。

1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ペレス+レッドブル・ホンダ
4. オコン+アルピーヌ
5. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
6. ボッタス+メルセデス
7. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
8. フェッテル+アストンマーチン
9. アロンソ+アルピーヌ
10. ラッセル+ウィリアムズ
11. サインツ+フェラーリ
12. ルクレール+フェラーリ
13. ノリス+マクラーレン
14. マゼピン+ハース
15. リカルド+マクラーレン
16. シューマッハ+ハース
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
19. ライコネン+アルファロメオ
—-以下、ノータイム
20. ストロール+アストンマーチン

<14時44分>
ボッタス+メルセデスが2番手。早くもメルセデスの1-2態勢!?

☆☆ これまでの金曜日初日のフリー走行1とは緊迫感がまったくことなる。なにしろ、この1時間で、ロングランを含めて総てのプログラムを確認しなければならない。チームは、“何をやって何をやらないか”、まずはそこをつかむのが先決か。

<14時48分>
ペレス+レッドブル・ホンダが1分28秒台のトップタイム。ボッタス+メルセデスが続いている。

<14時49分>
ハミルトン+メルセデスがボッタス+メルセデスに僅差の2番手。直後にフェルタッペンとペレスのレッドブル・ホンダが一気に更新して1-2。

☆☆ チーム力が如実に現われている。

☆☆ フェルタッペン+レッドブル・ホンダは3セクターとも最速。2位ペレス+レッドブル・ホンダとの差は0.3秒。3位ボッタス+メルセデスに1.1秒の大差。

<14時53分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが1分27秒台へ。
1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ペレス+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. ハミルトン+メルセデス
5. オコン+アルピーヌ
6. フェッテル+アストンマーチン
7. ストロール+アストンマーチン
8. アロンソ+アルピーヌ
9. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
10. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
11. リカルド+マクラーレン
12. ノリス+マクラーレン
13. ルクレール+フェラーリ
14. サインツ+フェラーリ
15. ラッセル+ウィリアムズ
16. ライコネン+アルファロメオ
17. マゼピン+ハース
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. シューマッハ+ハース
20. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ

☆☆ レッドブル、メルセデス、アストンマーチン、スクーデリア・アルファタウリ、マクラーレン、フェラーリ、が2台が並んでいる。つまり、力を出せている。

<15時00分>
フェッテル+アストンマーチンが3番手にジャンプ。そのタイムをルクレール+フェラーリが更新してフェッテル+アストンマーチンは4番手に後退。

☆☆ レッドブル・ホンダが2台ともフソト・タイヤを履いた。3種類総てを使っているのはレッドブル・ホンダのみ。

<15時08分>
ノリス+マクラーレンが3番手へ。

<15時11分>
リカルド+マクラーレンが3番手へ。
1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ペレス+レッドブル・ホンダ
3. リカルド+マクラーレン
4. フェッテル+アストンマーチン
5. ノリス+マクラーレン
6. ルクレール+フェラーリ
7. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
8. サインツ+フェラーリ
9. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
10. ボッタス+メルセデス
11. ハミルトン+メルセデス
12. オコン+アルピーヌ
13. ストロール+アストンマーチン
14. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
15. ライコネン+アルファロメオ
16. アロンソ+アルピーヌ
17. シューマッハ+ハース
18. マゼピン+ハース
19. ラッセル+ウィリアムズ
20. ストロール+アストンマーチン

<15時15分>
気になるのは、メルセデスが2台ともミディアムしかトライしていないこと。作戦なのか、出遅れなのか? 現在、12-13番手。

<15時18分>
ノリス+マクラーレンが2番手。
1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ノリス+マクラーレン
3. ペレス+レッドブル・ホンダ
4. リカルド+マクラーレン
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. フェッテル+アストンマーチン
7. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
8. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
9. ルクレール+フェラーリ
10. サインツ+フェラーリ
11. ラティフィ+ウィリアムズ
12. ライコネン+アルファロメオ
13. ボッタス+メルセデス
14. シューマッハ+ハース
15. ハミルトン+メルセデス
16. ストロール+アストンマーチン
17. オコン+アルピーヌ
18. アロンソ+アルピーヌ
19. マゼピン+ハース
20. ラッセル+ウィリアムズ

<15時21分>
ハミルトン+メルセデスが3番手に来た。しかし、フェルタッペン+レッドブル・ホンダとの差は0.7秒。

<15時23分>
ルクレール+フェラーリが4番手へ。

☆☆ 2番手のノリス+マクラーレンは、フェルタッペン+レッドブル・ホンダとの差は0.7秒あるが、ソフト・タイヤで走っていない。
そして、ノリス+マクラーレン以下が、超接近戦。

☆☆ これまでのフォーマットだと、初日金曜日の特にフリー走行1は、なんとなく感触をトライしているだけのもう一つ緊迫感がなかったが、新たなフォーメーションは、臨場感山盛り。

フリー走行1結果
1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ノリス+マクラーレン
3. ハミルトン+メルセデス
4. ルクレール+フェラーリ
5. ボッタス+メルセデス
6. サインツ+フェラーリ
7. フェッテル+アストンマーチン
8. ペレス+レッドブル・ホンダ
9. リカルド+マクラーレン
10. オコン+アルピーヌ
11. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
12. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
13. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
14. アロンソ+アルピーヌ
15. ライコネン+アルファロメオ
16. ラティフィ+ウィリアムズ
17. シューマッハ+ハース
18. ストロール+アストンマーチン
19. マゼピン+ハース
20. ラッセル+ウィリアムズ

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER