F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのイギリスGP初日by田辺TD–フェルスタッペン惜しくも2位

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのイギリスGP初日by田辺TD–フェルスタッペン惜しくも2位

フェルタッペンは僅差の2番手。

史上初のスプリント予選が実施される2021F1GP第10戦イギリスGP。初日の金曜日は、1時間のFP1と、スプリント予選のグリッドを決める予選が行われた。金曜日に予選セッションが行われるのは2003年以来。

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが、ハミルトン+メルセデスに僅差の2番手タイムを記録、スプリント予選のフロントローグリッドを獲得した。

Q1では、フェルスタッペンが2番手に大差をつけてトップタイムをマークし、唯一、1回のアタックでQ2進出。チームメートのセルジオ・ペレスも、4番手で通過。路面状況が向上していく中でライバル がタイムを上げ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの二人は苦戦を強いられた。ガスリーが13番手でQ2に進んだが、角田裕毅は最後のアタックでも2度のタイム計測を試みるも0.026秒差で16番手。Q2でもレッドブル・ホンダの2人は危なげなくクリアー。ガスリーはQ1からタイムを向上させたが12番手でノックアウトとなった。

この予選、は全員がソフトタイヤの使用を義務付けられており、明日のスプリント予選ではスタートタイヤを自由に選択できる。

最終セッションのQ3で、フェルスタッペンはQ2に続いてトップタイムを狙ったが、わずか0.075秒差で2番手ながらスプリント予選でフロントロースタートを決め、4戦連続のポールポジション獲得に挑む。ペレスは最終アタックで4番手タイムを記録したが、トラックリミット違反でタイム抹消、5番手でセッションを終えた。

土曜日は60分間のフリー走行の後、17周、約100kmの史上初のスプリント予選が行われ、勝者がポールポジションを獲得、上位3名には、3、2、1点のポイントが与えられる。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「通常とは異なる形式で行われるイギリスGPの初日は、スプリント予選のスタートポジションを決める予選セッションが行わ、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンがトップに僅差の2番手でフロントローに。チームメートのペレスが5番手のポジションを確保しました。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、二人ともかなり苦しんだ予選になりました」

「これまでに経験がない形式で行われたGP初日でしたが、基本的にはスムーズにオペレーションを進めることができたものの、FP1の60分間のみのデータから、 その後に行われる予選・スプリント予選と決勝レースのセッティングを決めなければならず、PU/車体とも、難しさを感じた一日にもなりました」

「明日のスプリント予選も今日と同様に未経験のセッションとなりますが、今日のデータを解析して、想定される場面への対応を十分に整えて臨みたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER