F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ハンガリーGP初日ピックス

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ハンガリーGP初日ピックス

ハミルトンを抑えて初日の最速はバルテリ・ボッタス。

2021F1GP第11戦ハンガリーGPが開幕、初日の金曜日は30℃を越す灼熱のオンガロリンク・サーキットで1時間×2回のフリー走行が行なわれ、拮抗したタイム合戦を展開した。

◆トップ2をメルセデスのバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが占め(ボッタスが前!!)、3番手にマックス・フェルタッペンのレッドブル・ホンダが続き“いつも通り”だったが、4位以下は、興味深いオーダーになった。

◆初日に目を引いたのは、アルピーヌ・ルノーの二人、4位にエスティバン・オコン、7位にフェルナンド・アロンソが食い込んだが、ここ数戦アロンソに先を譲っていたオコンが前、チーム・バトルを楽しみなものにした。

◆逆に、マクラーレンに輝きがなく、ランド・ノリスが9番手、ダニエル・リカルドが13番手に甘んじた。

◆角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは、軽度に見えたフリー走行1のスピン/クラッシュで壊したマシン後部の修復に時間を取られ、ノータイムのままだったが、残り2分でコースイン、1周だけのアタックで17番手のタイムを記録することができた。周囲とのタイム差を見ると、予選で怠りなくアタックできれば、12番手辺りに入れることが想定できた。

◆角田のチームメイトのピエール・ガスリーは、いつも通りにマシンのポテンシャルをいかして6番手。ここでも着実なスピードを証明した。

◆アロンソ+アルピーヌに続いて、アストンマーチンのセバスチャン・フェッテルが6番手、ランス・ストロールも10番手で速さを見せた。

◆結果的には15番手の結果になったが、ウィリアムズのジョージ・ラッセルが、随所で巧さと速さを見せ、ここ数戦に続いてQ3進出を期待させた。

[STINGER]山口正己
photo by MERCEDES

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER