F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第11戦/ハンガリーGP/オンガロリンク/決勝

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第11戦/ハンガリーGP/オンガロリンク/決勝

◆ライブタイムメモ
2021F1GP第11戦
ハンガリーGP
オンガロリンク・サーキット
予選

<14時30分>(日本時間21時30分)
オンガロリンクの気温は、25℃をかすかに超えている。日曜日には雨の可能性が出ているが、とりあえず、予選まではドライコンディションでいけそうだ。

<14時55分>
気温は、暑い闘いを煽るように、29℃に上昇した。

<14時59分>
小高い丘の上に位置するオンガロリンク・サーキットには、太陽を遮るものが何もない。路面温度は60℃に近づき、ピレリの想定を外れた厳しいコンディションで予選開始を待っている。

<15時00分>
まずは角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがコースインした。

<15時04分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが最初に連続周回に入ってタイムを記録、ライコネン+アルファロメオ、ジオヴィナッツィ+アルファロメオがそれを上回った。いずれも1分17秒台。

<15時05分>
ボッタス+メルセデスがアタック開始。

<15時07分>
ボッタス+メルセデスが1分16秒台に入れ、ハミルトン+メルセデスが更新、フェルタッペン+レッドブル・ホンダが全体ベストをつないで1分16秒214に進めた。

☆☆ ガスリー+アルファタウリ・ホンダが4番手タイム。

<15時09分>
フリー走行3でクラッシュしたシューマッハ+ハース、マシン修復なってコースインの準備中。

<15時10分>
ルクレール+フェラーリがノリス+マクラーレンに次ぐ7番手へ。サインツ+フェラーリは4番手につけている。

<15時12分>
1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ハミルトン+メルセデス
3. ボッタス+メルセデス
4. サインツ+フェラーリ
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. ノリス+マクラーレン
7. ルクレール+フェラーリ
8. アロンソ+アルピーヌ
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. オコン+アルピーヌ
11. ストロール+アストンマーチン
12. リカルド+マクラーレン
13. フェッテル+アストンマーチン
14. ライコネン+アルファロメオ
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
—-ボーダーライン
16. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
17. ラッセル+ウィリアムズ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. マゼピン+ハース
20. シューマッハ+ハース

☆☆ シューマッハはヘルメットを被ってスタンバイしているが、まだ修復は終わっていない。

<15時15分>
残り3分のところで、続々と二度目のアタックにコースイン。シューマッハ+ハースだけがピットに取り残されている。

<15時18分>
ラッセル+ウィリアムズ、17番手でノックアウト。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダも「全然グリップがない」と16番手でQ2A逃した。

Q1結果

1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ハミルトン+メルセデス
3. ボッタス+メルセデス
4. サインツ+フェラーリ
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. ストロール+アストンマーチン
7. ノリス+マクラーレン
8. ルクレール+フェラーリ
9. フェッテル+アストンマーチン
10. アロンソ+アルピーヌ
11. ペレス+レッドブル・ホンダ
12. オコン+アルピーヌ
13. ライコネン+アルファロメオ
14. リカルド+マクラーレン
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
—-以下、ノックアウト
16. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
17. ラッセル+ウィリアムズ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. マゼピン+ハース
20. シューマッハ+ハース

<15時27分>
セッション開始早々に、ハミルトン+メルセデスがアタックに入った。そのタイムをフェルタッペン+レッドブル・ホンダが更新してQ2バトルが始まった。

ハミルトン+メルセデスがベストタイム。

<15時30分>
自己ベストを重ねたガスリー+アルファタウリ・ホンダが、4番手。

<15時31分>
アロンソ+アルピーヌが10番手から3番手へ!! オコン+アルピーヌも8番手に続いた。

<15時33分>
サインツ+フェラーリがクラッシュ、赤旗。動き出したが、フロントウィングを踏んで立ち往生。

☆☆ 場所は、コースの最も高い部分への登り右の高速コーナー。

赤旗中断中
1. ハミルトン+メルセデス
2. ルクレール+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. アロンソ+アルピーヌ
5. フェッテル+アストンマーチン
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. ボッタス+メルセデス
8. ペレス+レッドブル・ホンダ
9. オコン+アルピーヌ
10. リカルド+マクラーレン
—-ボーダーライン
11. ノリス+マクラーレン
12. ストロール+アストンマーチン
13. ライコネン+アルファロメオ
14. サインツ+フェラーリ
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ

<15時44分>
セッション開始。路面温度は60℃を超えた。

<15時47分>
ボッタス+メルセデスがハミルトン+メルセデスに続く2番手へ。
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがトップへ。そのタイムをフェルタッペン+レッドブル・ホンダが塗り替えた。
ガスリー+アルファタウリ・ホンダに0.7秒の大差。

<15時48分>
ノリス+マクラーレンがガスリー+アルファタウリ・ホンダを押し退けて2番手へ。

Q2結果

1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
2. ノリス+マクラーレン
3. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
4. ペレス+レッドブル・ホンダ
5. アロンソ+アルピーヌ
6. ハミルトン+メルセデス
7. ルクレール+フェラーリ
8. ボッタス+メルセデス
9. オコン+アルピーヌ
10. フェッテル+アストンマーチン
—-以下、ノックアウト
11. リカルド+マクラーレン
12. ストロール+アストンマーチン
13. ライコネン+アルファロメオ
14. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
15. サインツ+フェラーリ

<15時58分>
レッドブル・ホンダ、メルセデス、フェラーリ、アルピーヌ・ルノーの4チームと、ガスリー+アルファタウリ・ホンダ、フェッテル+アストンマーチンがQ3に出撃。
☆☆ ボッタス+メルセデスだけがミディアム・タイヤ。

<16時02分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダ、オコン+アルピーヌとベストタイムを書き換え、フェルタッペン+レッドブル・ホンダ、ボッタス+メルセデス、ハミルトン+メルセデスがグイグイとタイムを更新。

<16時02分>
1アタック目
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ペレス+レッドブル・ホンダ
5. ルクレール+フェラーリ
6. オコン+アルピーヌ
7. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
8. アロンソ+アルピーヌ
9. ノリス+マクラーレン
10. フェッテル+アストンマーチン

☆☆ ハミルトン+メルセデスがボッタス+メルセデスに0.3秒、フェルタッペン+レッドブル・ホンダに0.5秒、ペレス+レッドブル・ホンダ以下は1秒以上遅れているが、ペレス+レッドブル・ホンダから9番手のノリス+マクラーレン0.4秒にひしめいている。

<16時05分>
2アタック目に向けて、コースイン。フェルタッペン+レッドブル・ホンダの鼻先をハミルトン+メルセデスが抑えてこれでもかというスローペースでピットを後にした。

☆☆ ハミルトンは、フェルタッペンをいらつかせる作戦に見える。

<16時09分>
ハミルトン+メルセデスの“苛つかせ作戦”成功!!

Q3結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ペレス+レッドブル・ホンダ
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. ノリス+マクラーレン
7. ルクレール+フェラーリ
8. オコン+アルピーヌ
9. アロンソ+アルピーヌ
10. フェッテル+アストンマーチン

☆☆ すっきりしない結果。

【STINGER】
photo by Scuderia AlphaTauri

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER