F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   クラッシュで始まった波乱のレースで、3台がポイント獲得したホンダのハンガリーGP

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

クラッシュで始まった波乱のレースで、3台がポイント獲得したホンダのハンガリーGP

 

ハンガリーGPの決勝は、スタート直後の1コーナーでレッドブル・ホンダがクラッシュに巻き込まれ、ホンダにとって厳しい展開になったが、一方でスクーデリア・アルファタウリ・ホンダの2台がポイントを持ち帰るレースだった。

レース開始30分前に雨が降り、全車インターミディエイト・タイヤでスタート。2列目のマックス・フェルタッペンとセルジオ・ペレスは、素晴らしいスタートを決めて、2番手と3番手で1コーナーに入った。しか し、出遅れたバルテリ・ボッタス+メルセデスがランド・ノリス+マクラーレンに追突、押し出されたノリスがフェルスタッペンに当たり、ボッタスにペレスに突っ込まれたペレスはリタイアに追い込まれた。

フェルスタッペンもダメージを受け、ピットで修復作業のため大きく後退。コース清掃のためレースは赤旗中断となった。

ピエール・ガスリーも、この混乱を避けるためにコースを外れてポジションダウン。一方、16番手スタートの角田裕毅は、混乱を上手く避けて5番手までポジションを上げた。

赤旗中断の間にレッドブル・レーシングが修復作業を行なうが、ダメージを残したままでレース再開となった。

リスタート後、路面が急速に乾き、ルイス・ハミルトン+メルセデス以外の全車がフォーメーションラップ後にピットイン、ミディアム・タイヤに交換。ハミルトンはリスタート後にピットインしたため最後尾となり、角田が4番手、フェルスタッペンとガスリーが11-12番手に着けた。

オーバーテイクが難しいコース特性に加え、ダメージの残るマシンを駆るフェルスタッペンは、前を行くミック・シューマッハ+ハースを交わしてポジションを上げ、後方のガスリーは、追い上げてきたハミルトンを抑えつつ、シューマッ ハをオーバーテイクしてポジションを上げる素晴らしい走りを見せた。

20周目、ハミルトンのピットインに呼応して、フェルスタッペンがピットイン、ハードタイヤに交換したが、ダメージの影響もあって先行を許してしまいます。角田は前を行くニコラス・ラティフィ+ウイリアムズを22周目のピットインでアンダーカットを成功させたが 、上位のマシンには差を広げられる展開となりました。

ガスリーは30周目にピットインして8番手でレースに復帰したが、フェルスタッペンはポイント圏外から浮上できずに停滞する。レッドブルは40周目に2度目のピットイン、フレッシュなタイヤでの追い上げを目指します。

ガスリーはピットストップ後のペースもよく、ターン1でラティフィをオーバーテイク。7番手まで順位を回復すると、角田の背後に迫り、チームはよりフレッシュなタイヤのガスリーを先行させます。

50周目に、フェルスタッペンはキミ・ライコネン(アルファロメオ)をオーバーテイクして11番手にポジションアップ。さらに、残り10周となったところで、ダニエル・リカルド(マクラーレン)も交わし、ポイント圏内に復帰。10位でフィニッシュして1ポイ ントを獲得した。

レース終盤、7番手走行中の角田が2コーナーでスピンを喫したが、順位に変動はなくコース復帰。これで角田との差が大きくなったガスリーは、69周目にピットインしてソフトタイヤに交換。ファイナルラップでファステストラップを記録し、1ポイントを追加。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは6-7位でチェッカーフラッグを受けた。

この後F1は3週間のサマーブレイクに突入。後半戦は12戦が残っており、8月28日(日)決勝のベルギーGPからの3連戦でシーズンが再開する。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「ハンガリーGP決勝は、レッドブル・レーシング・ホンダにとって、先日のイギリスGPに続き、他車とのクラッシュが原因で非常にフラストレーションが溜まる結果となりました」

「スタート直後の1コーナーで発生した多重クラッシュに巻き込まれたペレスのマシンはダメージが大きくそのままリタイ ア、フェルスタッペンも車体に大きなダメージを負い、赤旗中断の間にメカニックの懸命な修復作業を行ない、手負いのマシンでフェルスタッペンを懸命にプッシュして10位に入賞、チームにとって大切な1ポイントを獲得できたことが唯一の救いになりました」

「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの2台は、上手くクラッシュの混乱を回避し、その後のレースを粘り強く走り、ガスリー選手が6位、角田選手が自身2度目となる7位に入賞しました」

「コンストラクターズチャンピオンシップでのポジションは落としてしまったものの、後半戦も激戦が予想される中で、中段グループを争うチームにとって貴重なポイントを2人ともに持ち帰ることができました」

「ここからF1はサマーブレイクを挟み、8月の末からの後半戦に向かいます。前半戦をいい形で締めくくることができなかったことは残念ですが、しっかりと前半戦の反省を行い、また心身のリフレッシュをしてブレイク明けの闘いに備えたいと思います」

「最後に、初優勝を果たしたオコン選手、またチームとしての初優勝を獲得したアルピーヌに祝福の言葉を贈りたいと思います」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER