F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   勝田貴元、WRC第8戦リタイアも大きな学び

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

勝田貴元、WRC第8戦リタイアも大きな学び

トヨタ・ガズー・レーシングWRCチャレンジプログラムの勝田貴元が、8月13日(金)-15日(日)にベルギー西部のイープルを中心に開催された2021年WRC(世界ラリー選手権)第8戦「イープル・ラリー・ベルギー」で、一時、総合6位につけていたが、デイ2でコースアウトしてリタイアした。

イープル・ラリー・ベルギーは、初めてのWRCとなったが、ラリーとしての歴史は古く、初開催は1965年。ベルギー西部の都市イープルを中心とし、主に農道を舞台とするターマック(舗装)が舞台。直線または直線的なコーナーをジャンクション(交差点)で繋ぐストップ&ゴーのステージが連続し、ハイスピードで狭い道幅を走行する。

舗装されていない路肩にタイヤを落として走るインカット走行が可能なコーナーが多くあるため、路面に泥や砂利が掻き出され、グリップレベルを把握するのが非常に難しいことでも知られるが、初参戦の勝田は、ミスを誘うトリッキーなステージが多いラリーに、いつもよりやや保守的なアプローチで挑んだ。

勝田は、ベルギー特有のターマックで経験値を高めることを最優先しながら、初日のデイ1を総合7位で走破。2日目の土曜日の最初のSS9でひとつ順位を上げ、総合6位につけが、2本目のSS10を高速走行、路面のバンプ(凹凸)でコントロールを失って、側溝に突っ込んだ。

勝田と今回初めて実戦でコンビを組んだナビのウイリアムズは無事だったが、クルマはダメージを負い、翌日の再出走を諦め、リタイアした。

勝田貴元
「厳しいラリーでした。グリップレベルを予測するのが非常に難しく、掻き出されたグラベルで難しいセクションもあったので、ステップ・バイ・ステップで前に進む必要がありました」

「金曜日には多くのことを学び、新しい経験を積むことができました。土曜日は、いくつかのセクションでもう少しプッシュして、ドライビングのフィーリングを高めたいと思っていましたが、残念ながらSS10で、ステージのスタート近くの、高速で道幅の狭いセクションでクラッシュしてしまいました」

「いくつかバンプがあったのですが、クルマが着地して押しつけられた状態になった時、コーナーを曲がりきれず側溝に突っ込んでしまいました。大きなクラッシュだったにもかかわらず、二人とも無事だったのは幸いでしたが、こうしたミスは絶対に許されません。チームには本当に申し訳なく思い、とても残念ですが、今回の経験で勉強になりましたし、もっと強くなって戻って来るつもりです」

WRC第8戦トップ5
1. ティエリー・ヌービル/マーティン・ヴィーデガ ヒュンダイi20クーペ WRC 2時間30分24秒2
2. C.ブリーン/P.ポール・ネーグル ヒュンダイi20クーペ WRC +30秒7
3. C.ロバンペラ/J.ハルットゥネン ヤリスWRC +43秒1
4. E.エバンス/S.マーティン ヤリスWRC +49秒6
5. S.オジエ/J.イングラシア ヤリスWRC +55秒8
R 勝田貴元/K.ウイリアムズ ヤリスWRC

勝田のWRC次戦は、9月9日-12日にギリシャで開催される「アクロポリス・ラリー」。WRC初年度の1973年からシリーズに組み込まれた伝統あるラリーだが、今年8年ぶりのWRCとなる。ギリシャ中部の都市ラミアを中心となる路面はグラベル(未舗装路)で、非常に荒れたラフグラベルラリーとして知られ、勝田にとってまた新たなチャレンジとなる。

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER