F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第12戦/ベルギーGP/スパ-フランコルシャン/フリー走行1リンク/フリー走行2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第12戦/ベルギーGP/スパ-フランコルシャン/フリー走行1リンク/フリー走行2

ライブタイムメモ
2021F1GP第12戦
ベルギーGP
スパ-フランコルシャン
フリー走行2

<14時40分>
気温は16℃に若干上昇したが、相変わらず“にわか雨”の予報は変わっていない。

フリー走行1は、
1. ボッタス+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
4. ルクレール+フェラーリ
5. サインツ+フェラーリ
6. ペレス+レッドブル・ホンダ
がトップ6に並んだが、路面コンディションが安定せず、このオーダーは勢力図に直結しているとは言いにくい。

とはいえ、フリー走行1のデータを反映した結果、ここからの1時間で力関係が見えてくるはずだ。

☆☆ ハミルトン+メルセデスが18番手に沈んでいるが、これはアタックをラティフィ+ウィリアムズに阻まれたため。当然、上位に上がってくるに違いない。

<14時59分>
セッションが始まる。

スパ-フランコルシャンは、高低差が100m以上だが、平均速度が高く、ドライバとマシンの能力がそのまま反映される。もちろん、チームとして、コース上の混雑状況を読んでアタックのタイミングを図る力も重要になる。

<15時00分>
セッション開始。
まず、フリー走行1最速だったボッタス+メルセデスがコースインした。

☆☆ ライコネン+アルファロメオ、ガスリー+アルファタウリ・ホンダ、ノリス+マクラーレンが続いている。

 

<15時02分>
路面状況を確認した。ノリス+マクラーレンがチームに、「スリック・タイヤでいけるよ」と報告。天気予報から観て、レースに備えて、インターミディエイトは温存しておきたい。

<15時08分>
ノリス+マクラーレンが1分48秒台を記録した。

<15時11分>
ノリス+マクラーレンがさらにタイムを進めて唯一の1分47秒台。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが続いている。

<15時14分>
ルクレール+フェラーリがセクター2-3最速でノリス+マクラーレンに僅差の2番手へ。

<15時16分>
オコン+アルピーヌ-フェルナンド・アロンソ+アルピーヌが1-2。

<15時17分>
ラティフィ+ウィリアムズが最速。それをボッタス+メルセデスが更新。タイムが目まぐるしく更新されている。

<15時20分>
ハミルトン+メルセデスがボッタス+メルセデスに31/100秒の僅差の2番手に上がってきている。
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. フェルナンド・アロンソ+アルピーヌ
6. ラティフィ+ウィリアムズ
7. ストロール+アストンマーチン
8. リカルド+マクラーレン
9. ノリス+マクラーレン
10. ペレス+レッドブル・ホンダ
11. オコン+アルピーヌ
12. サインツ+フェラーリ
13. ルクレール+フェラーリ
14. ライコネン+アルファロメオ
15. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
16. フェッテル+アストンマーチン
17. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
18. マゼピン+ハース
19. シューマッハ+ハース
20. ラッセル+ウィリアムズ

☆☆ フェルナンド・アロンソ+アルピーヌのヘルメットに装着されているらしきカメラが興味津々の新たな映像を届けている。

<15時27分>
ここで50戦目を迎えるラッセル+ウィリアムズが遅れてアタックに入った。
☆☆ ラッセル+ウィリアムズは13番手タイム

<15時30分>
フェルナンド・アロンソ+アルピーヌがセクター1最速。
☆☆ ハミルトン+メルセデスがセクター2最速。

<15時32分>
フェルナンド・アロンソ+アルピーヌは4番手へ。

<15時35分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが10番手タイムから一つ下がって11番手。

1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. フェルナンド・アロンソ+アルピーヌ
5. ストロール+アストンマーチン
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. オコン+アルピーヌ
8. フェッテル+アストンマーチン
9. ノリス+マクラーレン
10. ペレス+レッドブル・ホンダ
11. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
12. リカルド+マクラーレン
13. ラティフィ+ウィリアムズ
14. サインツ+フェラーリ
15. ラッセル+ウィリアムズ
16. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
17. ライコネン+アルファロメオ
18. ルクレール+フェラーリ
19. マゼピン+ハース
20. シューマッハ+ハース

<15時39分>
オコン+アルピーヌがスピン。直ぐに復帰した。

<15時41分>
サインツ+フェラーリが11番手にポジションアップ。

<15時44分>
ルクレール+フェラーリがクラッシュ、赤旗。
頂上のシケイン先の下り始めのコーナーでテールが流れてコントロールを失った。ここでのクラッシュは珍しい。

☆☆ フェラーリは、タイヤバリアにこすって左サイドが大破。

<15時50分>
セッション再開。残り10分。

☆☆ 続々とコースイン。出口渋滞中。
☆☆ クラッシュしたルクレール+フェラーリ以外の全19台。

<15時57分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがバリアにクラッシュ!!
右リヤ・タイヤがあらぬ方向を向いている。

☆☆ルクレール+フェラーリ同じコース最上部の下り始めの場所。

☆☆ クラッシュが珍しいここで、名手二人が同じようにリヤのグリップを失った。原因は何か!?

フェルタッペンも、ルクレール同様、「突然、リヤを失った」とチームに報告。

☆☆ セッション終了。

フリー走行2結果

1. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ 1分44秒472
2. ボッタス+メルセデス 1分44秒513
3. ハミルトン+メルセデス 1分44秒544
4. フェルナンド・アロンソ+アルピーヌ 1分44秒953
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ 1分44秒965
6. ストロール+アストンマーチン 1分45秒180
7. オコン+アルピーヌ 1分45秒302
8. フェッテル+アストンマーチン 1分45秒336
9. ノリス+マクラーレン 1分45秒386
10. ペレス+レッドブル・ホンダ 1分45秒404
11. サインツ+フェラーリ 1分45秒517
12. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ 1分45秒758
13. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ 1分45秒789
14. ライコネン+アルファロメオ 1分45秒967
15. リカルド+マクラーレン 1分46秒118
16. ストロール+アストンマーチン 1分46秒198
17. ラッセル+ウィリアムズ 1分46秒665
18. ルクレール+フェラーリ 1分46秒836
19. マゼピン+ハース 1分47秒335
20. シューマッハ+ハース 1分47秒529

[STINGER]山口正己
photo by formulaone.com

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER