F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのベルギーGP初日by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのベルギーGP初日by田辺TD


2021F1GP第12戦ベルギーGP初日、ホンダ勢は、レッドブルとのコンビネーションが50戦の記念のレースで、いつも以上の気合を感じられた。標高差が100mを超えるシーズン中最高エレベーションを持つ難攻不落の高速サーキットであり、エンジン・パワーが重要なコースだからだ。

後半戦のスタートとなるそこで、各車とも順調に走行を重ね、FP2でマックス・フェルスタッペンが終盤にクラッシュを喫したものの、、FP2でトップタイム。ガスリーも好調な走りで上位につけ、“想定通り”に初日が進んだ。

サマーブレイク明け最初のセッションとなったFP1は、ウエットからドライへと切り替わる複雑なコンディションとなり、序盤はインターミディエイトタイヤで走行。徐々に路面が乾き、スリックタイヤでの走行に移行し、フ ェルスタッペンがトップタイムをマーク。

終盤は各車がソフトタイじアタック、最終的にフリー走行かでフェルスタッペンはボッタス+メルセデスに続く2番手ででセッションを終えた。ピエール・ガスリーが好調な走りで3番手、セルジオ・ペレスが5番手。スパでのF1マシン初走行となった角田裕毅は、スピンを喫する場面もあったが15番手につけた。

FP2も路面がやや濡れた状態で開始したが、すぐに路面が乾いていく。フェルタッペンは、スリックタイヤでの走行が可能になったタイミングでコースイン。メルセデス勢の2台を抑えてトップタイムをマークした。

残り時間わずかとなったところで、シャルル・ルクレール(フェラーリ)がセクター1の終わりでクラッシュを喫して赤旗中断。残り10分でセッションが再開されたが、残り3分となったところで、ルクレールと同じターン7の出口でフェルスタッペンがス ピン。マシンの右後部にダメージを負い、再び赤旗が掲示され、セッションはそのまま終了となった。

最後にクラッシュを喫したフェルスタッペンが最速タイムという荒れた展開の中で、ガスリーが5番手で好調を維持し、ペレス10番手、角田は12番手で初日が終わった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター

ホンダとしてのスパに気合充実の田辺TD。

「サマーブレイクを終えて後半戦の初戦、ベルギーGPの初日が終了しました。休暇を挟んで2週間のブランクがありましたが、Hondaのメンバーはチームともに今週頭からスパ・フランコルシャン入りし、通常のレース週末と変わら ないペースで、スムーズに準備を進めました」

「スパウェザーと言われる不安定な天候のため、路面には一部ダンプ状態などもありましたが基本的にドライでの走行ができ、ホンダPU搭載のレッドブル・レーシング・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの4台は、おおむね予定通りに初日のメニューを消化。不安定な天候なども考慮しながらキャリブレーションの最適化を進め、予選・レースに向かいます」

「なお、FP2の最後にフェルスタッペン選手がマシンのコントロールを失い壁に接触するトラブルがありましたが、現時点ではPUのデータ上で特に異常は見られていません。ここからさらに詳細に、状況を確認していきます」
【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER