F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   4台中3台がトップ7–ベルギーGP予選のホンダby田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

4台中3台がトップ7–ベルギーGP予選のホンダby田辺TD

2021F1GP第12戦、3連戦初戦のベルギーGPの予選は、目まぐるしく天候が変わる厳しいコンディションで行われ、レッドブル・レーシングとホンダのパートナーシップ50戦記念という節目のレースだったが、マックス・フェルスタッペンがポールポジションを獲得。ホンダのパワーユニット勢4台中3台がトップ10入りした。

終日ウエットコンディションの中、FP3では、レッドブル・ホンダが1-2。予選開始前に雨が強まり、スタートが遅延。セッション開始後もほとんどのドライバーがフルウエットタイヤで走行を開始したが、路面が回復、インターミディエイトに交換してアタックを続けた。

その後、再び雨が強まり、ラップタイムが急速に落ち始め、路面コンディションがいい状況でアタックできたドライバーのタイムが伸び、フェルスタッペンとセルジオ・ペレスが2番手と4番手、ピエール・ガスリーは8番手でQ1を突破 。スパ・フランコルシャンで初めての予選を迎えた角田裕毅は17番手タイムだったが、他車のペナルティーでレースは16番グリッドからスタートする。

Q2では、開始前に雨が落ち着き、走行が進むごとにコンディションが回復していく傾向に。セッション終了5分前に再び降雨が予想され、コースインのタイミングが重要となったが、フェルスタッペンとペレスは1回目のアタック で隊列の最後尾からコースイン。その後、予想されていた雨は降らず、路面がさらに回復したことから、全車がタイヤを交換して再アタックに臨んだ。

天候に翻弄されながら、最終的にはガスリーが4番手、フェルスタッペンが5番手、ペレスは7番手で3名ともQ3進出を果たした。

Q3開始前には再び大雨、不安定なコンディションの中でセッションが始まり、ウエットタイヤを装着して最初にアタックしたランド・ノリス(マクラーレン)が、オー・ルージュでコントロールを失い、激しいクラッシュ、赤旗中断となった。幸いノリスに大きなケガはなかったが、マシンの撤去や路面の処理を行なう間に雨が強まったこともあり、再開まで45分間の中断になった。

Q3は残り約9分で再開、全車(9台)がインターミディエイト・タイヤでアタック。各車が1度目のアタックを終えてスローラップを挟み、そこから最後のアタックを行なう展開に。チェッカーフラッグが振られ、ジョージ・ラッセル(ウ イリアムズ)がトップタイムをマークするが、その後方からアタックしたフェルスタッペンが、唯一2分を切る素晴しいアタックで、今季6度目のポールポジションを獲得した。

ガスリーは好調を維持して3列目6番グリッド。ペレスは3回連続でアタックしたが、最終アタックでタイムを更新できず、7番手となった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「まさにスパウェザーと言える天候で行われたベルギーGP予選は、難しいウエットコンデションの中、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンが素晴らしい走りで今季6度目のポールポジション獲得。レッドブル・レーシングとの50戦目の節目に、ポールポジションを獲得できたことをうれしく思っています。Honda勢3台がトップ7に入ったことはレースに向けていい結果です」

「雨が降ったり止んだり、雨脚が刻々と変化する中、路面状況の変化、他車の走行状況などを的確に判断し、タイヤのチョイスや、マシンを送り出すタイミングを計るなど、両チームの働きも素晴らしかったと思います」

「角田選手についてはペースが上がらず17番手という結果になりましたが、明日は長いレースになりますし、ここスパ・フランコルシャンはオーバーテイクも多く見られるコースですので、レースではポジションアップを期待しています」

「明日のレース時 もこれまでと同様の天気予報が出ていますので、今日のデータを解析しコンディション変化に迅速に対応できるようにチームとともに準備を進めます」

「予選Q3で激しい降雨の中、マクラーレンのノリス選手の大きなクラッシュがありましたが、自分の足でマシンを降り、大きなケガなどがなさそうなことには安心しました」

「明日も同様な天候が予想される中、危険なクラッシュなどが発生することなくクリーンなレースが行われることを願っています」
【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER