F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのベルギーGPby田辺TD–レッドブルとのパートナーシップ50戦の節目にフェルタッペンが優勝

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのベルギーGPby田辺TD–レッドブルとのパートナーシップ50戦の節目にフェルタッペンが優勝

胸の“50戦記念”と日本語で刺繍されたロゴを指し、山本雅史マネージングダイレクターと勝利を喜ぶフェルタッペン。

ベルギーGPの決勝は降り続く雨によりセーフティカー先導走行だけ3周で終了し、規定周回数に満たなかったことでハーフポイントが与えられることになった。

土曜日の予選でポールポジションを獲得したマックスフェルスタッペンが優勝、パートナーシップ50戦目に華を添えた。

レース前から大雨に見舞われ、路面コンディションが悪化する中、グリッドへ向かっていたセルジオ・ペレスがターン6の“レ・コーム”でバリアにとクラッシュ。右フロントサスペンションを破損し、グリッドに並 べない状態となった。

しかし、雨は収まる気配がなく、スタートは延期に。さらに、フォーメーションラップを行なったが、コース上の水が多く視界が確保できない状態だったため、スタート進行が中止される。ここから3時間以上の中断を経てレースが再開。グリッド通り、フェルスタッペンが先頭で、ピエール・ガスリーは6番手、角田裕毅はペレスのクラッシュによって1つ順位が繰り上がり、15番手でのリスタートとなった。

レッドブル・レーシングはこの中断の間にマシンの修復を完了させ、ペレスはレースへ戻ることができ、セーフティカーが先導する隊列の最後尾についたが、レースは再び赤旗中断となって順位を上げることができず20位となった。

リーダーのフェルスタッペンが2周を消化したことで、レースは成立。規定によって入賞者の獲得ポイントは半分となり、フェルスタッペンは12.5ポイントを得てチャンピオンシップでの差を詰めました。ガスリーは6位入賞、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは4ポイントを獲得した。

このベルギーGPから3連戦の日程が組まれており、次戦は1週間後。ザントフォールト・サーキットでのオランダGPで、フェルスタッペンは再びホームグランプリに臨みむ。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「ベルギーGPの決勝は朝から降り続く雨が上がらず、雨雲の様子や路面コンディションを見ながらレーススタートまでに3時間以上の延期となりまし」

「セーフティカーの先導でレースは開始されましたが、路面状況が悪、前車の 上げる水しぶきで視界が非常に悪いことなどから、3周を終えたところで赤旗中断となり、そのままレースが終了となりました」

「ポールポジションのレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンが優勝、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手が6位となり、両チームともにポイントを獲得できたことはうれしく思っています」

「残念なことに、ペレス選手はレコンノサンスラップでコントロールを失い、バリアにクラッシュしてマシンにダメージを負いました。赤旗中断の間にメカニックが懸命の修復を行い、レース開始には準備が間に合ったものの、セーフティカー先導であ ったためポジション回復には至りませんでした」

「寒い気温と雨の中で待ち続けたファンのことを思うと、もっといいコンディションの中でレースをしたかったという想いもあります」

「来週はフェルスタッペンの母国、オランダでのレースになります。初の開催となるザントフォールト・サーキットでの戦いとなりますので、十分な事前準備を進めて臨みます」
【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER