F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのオランダGP–by田辺TD“4名ともいいレースを”

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのオランダGP–by田辺TD“4名ともいいレースを”

オランダGPの歓迎記念式典でデモンストレーションを行なったマックス・フェルタッペン。

5年以来36年ぶりの開催となるオランダGPの舞台は、ザンドボールド・サーキット。Red Bull Racing Hondaのマックス・フェルスタッペンは、母国で初のグランプリに臨みます。

オランダGPは、昨年からの再開が決まっていましたが、コロナ禍でのスケジュール変更により2020年は中止となりました。これまでも、スタンドをオレンジに染め上げ、各地で熱狂的な声援を送ってくれたオランダのファンの前で臨む初めてのレース 、Honda F1のすべてのメンバーが楽しみにしています。

このF1開催に向けてサーキットは大幅に改修されており、リズムが重要となる連続コーナーやバンク角のついた最終コーナーなど、絶え間ない操作が要求される高速レイアウト。どんなレースが見られるか、期待が高まっています。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「先日のベルギーGPは、雨の影響でセーフティカー先導のみで終了したレースとなりましたが、レッドブル・レーシングのフェルスタッペンが優勝を得ました。ポールポジションの獲得がこの優勝に結びついたことからも、毎セッションを大切に全力でレースウィークエンドを進めることが重要だと改めて感じました」

「2021年シーズン後半の初戦、レッドブル・レーシングとパートナーを組んでともに戦う50戦目という節目のレースで、ポールポジションに加えて優勝と、いい形でスタートができたと思います」

「今週は3連戦の2戦目としてオランダGPが開催されます。我々は陸路でオランダへと移動し、フェルスタッペン選手の母国GPに臨みます」

「ザントフォールト・サーキットでは、1985年以来の開催となるため、現代のF1マシンによるレースは初めてになります。海岸線のすぐ近くにあり風が強いこと、起伏に飛んだ地形に作られ、急なバンクがついているコーナーがあったりと、特徴的なサーキッ トです。初走行となるサーキットに対して、チームとともに入念なシミュレーションを行い備えていますが、金曜からの走行を通して得られる実際のデータを確認して、迅速にキャリブレーションの最適化を進めることが重要となます」

「今週末の観客席は、間違いなくフェルスタッペン選手の応援団でオレンジに埋め尽くされると思います。その大きな声援に応えるべく、両チームメンバー、4名のドライバーとともにいいレースができるよう準備を進めます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER