F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第13戦/オランダGP/ザンドボールド・サーキット/フリー走行2

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第13戦/オランダGP/ザンドボールド・サーキット/フリー走行2

ライブタイムメモ
2021F1GP第13戦
オランダGP
ザンドボールド・サーキット
フリー走行2

<14時40分>
久々のオランダGPのフリー走行2を控えたザンドボールド・サーキットは、青く晴れている。夜半の雨を予測していた天気予報も、夜間になっても晴れマークに変わっている。

<14時50分>
短縮されたフリー走行1の分までプログラムを消化しなければならない多忙のセッションを迎える。

<14時55分>
上空は、スカッと青空、ということではなく、うっすらと白い雲越しに青空が見えている。

☆☆ 気温はジワリと上がって21℃。タイヤにとってはもう少し気温が欲しいところだが、観客にとっては絶好の観戦日和だ。

<15時00分>
セッションが若干遅れるとの報告。理由は不明。

☆☆ 15時05分にセッション開始が報告された。
☆☆ スタンドは、初日というのにほぼ満席。マックス・フェルタッペンへの期待と、36年ぶりのF1ということを考えれば、さもありなん。

☆☆ フリー走行1でコースに立ち往生していたフェッテル+アストンマーチンは、パワーユニットを載せ変えて準備万端に見える。

<15時05分>
セッション開始。ライコネン+アルファロメオを先頭に、続々とコースに向かった。

<15時09分>
まずはボッタス+メルセデスが、1分11秒664でモニター最上段に名前を連ねた。

<15時10分>
ハミルトン+メルセデスからチームに「パワーがなくなった」と報告してコース・サイドにに立ち往生。
☆☆ フリー走行1のフェッテル+アストンマーチンと同じ状況か。同じメルセデスのパワーユニットを積んでいる。

<15時12分>
赤旗。
☆☆ ハミルトン+メルセデスは、直ぐにコンクリートウォールの中に排除された。

☆☆ メルセデスのパワーユニットの連続停止は、バンクのせい!?

☆☆ 完全にパワーを失ったハミルトン+メルセデスは、安全なコーナーイン側に避けることができず、コーナー・アウト側に停止した。
☆☆ フリー走行1最速だったハミルトン+メルセデスの初日は終わった。

<15時16分>
15時18分に線ション開始の報告。

<15時18分>
ピット出口はいつも以上に渋滞気味。
セッション再開。

<15時19分>
フェッテル+アストンマーチンもコースイン。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダも走行を開始している。

<15時22分>
1. ボッタス+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. オコン+アルピーヌ
4. ハミルトン+メルセデス
5. ルクレール+フェラーリ
6. サインツ+フェラーリ
7. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
8. ストロール+アストンマーチン
9. ライコネン+アルファロメオ
10. ペレス+レッドブル・ホンダ
11. ノリス+マクラーレン
12. シューマッハ+ハース
13. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
14. フェッテル+アストンマーチン
15. マゼピン+ハース
16. リカルド+マクラーレン
17. ラッセル+ウィリアムズ
18. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
19. アロンソ+アルピーヌ
20. ラティフィ+ウィリアムズ

☆☆ ガスリー+アルファタウリ・ホンダが10番手へ。

<15時26分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが1コーナーをかすかにはみ出して砂煙。

<15時29分>
オコン+アルピーヌがセクター1全体ベストでトップへ。

<15時30分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがセクター1-2で自己ベスト。18番手へ。

<15時32分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがソフト・タイヤでセクター2自己ベスト、3番手へ。

<15時33分>
ボッタス+メルセデスがセクター2-3自己ベストでオコン+アルピーヌに次ぐ2番手。アロンソ+アルピーヌ3番手へ。

<15時35分>
マゼピン+ハースがコースアウトしてグラベルにストップ。3度目の赤旗。

☆☆ 赤旗の前の黄旗で、フェルタッペン+レッドブル・ホンダのアタックが阻まれた。

ボッタス+メルセデスがセクター2-3自己ベストでオコン+アルピーヌに次ぐ2番手。アロンソ+アルピーヌ3番手へ。

☆☆ 赤旗の前の黄旗で、フェルタッペン+レッドブル・ホンダのアタックが阻まれた。

<15時40分>
セッション再開。

<15時43分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダ、3番手へ。

<15時44分>
ルクレール+フェラーリが唯一の1分10秒台。サインツ+フェラーリはが2番手へ。

<15時49分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがユーズドのソフト・タイヤで13番手へ。

<15時59分>
ロングランに集中する中で、フェルタッペン+レッドブル・ホンダは1分14秒台に入れた。

☆☆ コース上にかなりの砂利が飛び散っている。

フリー走行2結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. オコン+アルピーヌ
4. ボッタス+メルセデス
5. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
8. ノリス+マクラーレン
9. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ハミルトン+メルセデス
12. ペレス+レッドブル・ホンダ
13. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
14. ストロール+アストンマーチン
15. リカルド+マクラーレン
16. ライコネン+アルファロメオ
17. シューマッハ+ハース
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. マゼピン+ハース
20. ラッセル+ウィリアムズ

【STINGER】
photo by FERRARI

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER