F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのオランダGP初日–36年ぶりにフェルスタッペンの母国GPがスタート

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのオランダGP初日–36年ぶりにフェルスタッペンの母国GPがスタート

角田は、コースオフも喫したが、仕上げは上々、レースペースは悪くない。

9月3日、2021F1第13戦オランダGPが、1985年以来36年ぶりにザンドボールド・サーキットで開幕した。初日の金曜日は、赤旗中断の影響で走行時間が限られたものの、Hondaパワーユニット勢は好調な走りを見せて周回を重ねた。母国GPのマックス・フェルスタッペンの応援団が多く詰 めかけ、サーキットはオレンジ一色に。熱狂的な声援の中でのセッションとなった。

FP1は、開始約20分に差し掛かるところで、セバスチャン・フェッテルのアストンマーチンが、パワーユニットのトラブルでコース上にストップ。赤旗中断。マシン撤去の際にFIAのネットワークトラブルも重なって中断が長引き、残り6分での再開となった。

走行再開後にアタックラップを走れたフェルスタッペンは、このセッションで2番手タイムをマーク。ピエール・ガスリーが10番手に入り、コース上の混雑によってクリーンラップが取れなかったセルジオ・ペレスは16番手。角田裕毅は3周を走行したものの、PUにマイナートラブルの修復に時間を要し、タイムを記録せずにこのセッションを終えた。

FP2も、序盤でルイス・ハミルトン(メルセデス)がコース上にマシンを止めて赤旗中断。さらに再開後に、ターン11でニキータ・マゼピン(ハース)がスピンしてグラベル上にストップ。このマシン回収のために再び中断に。

フェルス タッペンは新品ソフト・タイヤでアタックラップに入っており、全体ベストのペースで走行していたものの、この赤旗でアタックを中断。再開後は新品タイヤでのアタックができず、5番手となった。

しかし、レッドブル・レーシング・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとも連続走行でのペースはよく、ガスリーが7番手、ペレスは12番手につけた。角田はFP1で失った走行時間を取り戻すべく精力的に周回を重ね、30周を走行してペレスから0.15秒差の13番手となった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「初走行となったオランダGP初日は、FP1、FP2ともにトラブルやコースアウトによって赤旗中断が発生するなど、走行時間を削られることとなりましたが、最低限のメニューは消化して貴重なデータを得ることができてい ます」

「FP1でスクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田選手のPUに不具合が発生し、その修復に時間を要してしまいましたが、FP2で問題なく走行できることを確認しました」

「FP1とFP2で色々と試したセッティングの結果とその実走データを元に、それぞれのチームとホンダのエンジニアは、比較解析の作業を行ないます」

「他チームもセットアップを詰め、パフォーマンスを上げてくることと思いますので、我々も負けないように最適化を進めて、大きな声援をくれるファンに応えられればと思います」
【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER