F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのオランダGP予選by田辺TD–フェルスタッペンが母国GPで今季7度目PP!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのオランダGP予選by田辺TD–フェルスタッペンが母国GPで今季7度目PP!!

オランダGPの予選がザンドボールド・サーキットで行なわれ、マックス・フェルタッペンが今季7度目のポールポジションを獲得。ピエール・ガスリーは自己最高タイの4番手に入った。

フェルスタッペンに声援を送る大観衆がサーキット全体をオレンジ色に染め上げる中でQ1がスタート。走行が進むごとに路面状況が改善され、後からアタックしたマシンが大幅にタイムアップしていく中、コースが混み合い、セルジオ・ペレスは最終アタックに入れないまま、わずか0.041秒差で16番手に甘んじてQ2進出を逃した。

フェルスタッペン、ガスリー、角田裕毅の3人はQ2へ進出。今度は角田が不運に見舞われる。最初のアタックで15番手を記録した角田は、2度目のアタックでタイム向上を図ったが、ウイリアムズのジョージ・ラッセル、ニコラス・ラティ フィが相次いでクラッシュし、セッションは2度の赤旗中断に。2度目の赤旗の時点で残り時間は1分38秒のみとなったことから、セッションは再開されず、各車最初のアタックのみで終わり、角田は15番手のまま。角田はペレスと並んで8列目。しかし、レースではスタートタイヤが選択可能になった。

赤旗の影響でQ3はスタートが遅れ、フェルスタッペンは1度目のアタックで1分8秒台のタイムをマーク。2度目のアタックではさらにタイムを上げ、ポールポジションを獲得して母国の観衆から大声援が贈られた。フェルスタッペンにとってはF1通算10回目、ホンダF1にとっては87回目のポールポジションとなった。

ガスリーも素晴らしいパフォーマンスを見せ、フェルスタッペンとメルセデス勢2台に続く2列目4番グリッドを獲得。自身の予選最高位に並ぶ結果となった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「今日は、初の母国GPでの予選となったレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンが見事にポールポジションを獲得。ホームの大観衆を前に、圧巻のパフォーマンスを見せてくれました。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーも、自身最高位タイとなる2列目4番グリッド獲得と、素晴らしい結果になりました」

「角田はセッションごとにペースを上げていきましたが、Q2最後のアタック中に赤旗中断となり、タイムを更新しないままにQ2敗退が決まってしまったのは残念でした。また、ペレスも、Q1の2回目のアタックがタイムアウトでスタートできず、Q1敗退で16番手と、望んでいた結果にはなりませんでした」

「このサーキットはオーバーテイが難しいため、明日のレースではいいスタートを切ることがとても大切になります。また、今日のような赤旗やセーフティカーの可能性も大いにあり得ますので、あらゆる状況を視野に入れ、チームと一緒に万全の準備を進めます」

「レースウイーク開始以降、ザンドボールド・サーキットの周りには多くのフェルスタッペン・ファンが集まっています。オレンジに染まったスタンドからは大声援が送られ、私たちホンダのメンバーにとっては、まるでホームの鈴鹿にいるような感覚にもなります。その声に応えるためにも、明日はいい結果を得られればと思っています」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER