F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第14戦/イタリアGP/オートドロモ・モンツァ/予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第14戦/イタリアGP/オートドロモ・モンツァ/予選

ライブタイムメモ
2021F1GP第14戦
イタリアGP
オートドロモ・モンツァ

予選
<17時50分>

変則タイムスケジュールの予選が始まる。

午前中の1時間でセットを決めたマシンで最速を争う。とはいえ、ここて決まるのは、明日のスプリント予選レースのポジション。

リズミカルだが、目まぐるしいテンポでモンツァの週末が進んでいく。

<17時59分>
モンツァ公園の森の中での超高速コース。平均時速は280km/hと想像を絶するハイスピードの闘いが始まる。

<18時00分>
セッション開始。
誰も出て行かない。

☆☆ タイヤはソフトタイヤだけに制限されている。

<18時01分>
まずはモンツァのお約束、サインツ+フェラーリを先頭に、2台のフェラーリがコースインした。

<18時05分>
ルクレール+フェラーリが1分22秒台、サインツ+フェラーリが更新。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが2番手へ。

☆☆ フェルタッペン+レッドブル・ホンダが更新、スリップストリームを使ったノリス+マクラーレンが1分21秒台へ。

<18時06分>
ボッタス+メルセデスが最速、そのタイムをハミルトン+メルセデスがセクタータイムを塗り替えて、2台のメルセデスだけが1分20秒台。
リカルド+マクラーレン、ガスリー+アルファタウリ・ホンダが続いている。

<18時10分>
ここ数年のモンツァらしく、リスキーな渋滞があちこちで乱発している。

<18時11分>
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. ノリス+マクラーレン
4. リカルド+マクラーレン
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
7. ペレス+レッドブル・ホンダ
8. アロンソ+アルピーヌ
9. ストロール+アストンマーチン
10. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
11. フェッテル+アストンマーチン
12. オコン+アルピーヌ
13. ラティフィ+ウィリアムズ
14. ラッセル+ウィリアムズ
15. サインツ+フェラーリ
—-ボーダーライン
16. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
17. ルクレール+フェラーリ
18. クビツァ+アルファロメオ
19. マゼピン+ハース
20. シューマッハ+ハース

<18時14分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが3番手へ。
フェラーリの2台が4-5番手。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは14番手。

<18時17分>
渋滞の“隙間”を見つけてのアタック。誰もがトーを使いたいので、譲り合いの反対の現象が起きている。

<18時19分>
フェッテル+アストンマーチンが“隙間”を見つけて16番手から8番手へ。

Q1結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. ノリス+マクラーレン
4. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
5. サインツ+フェラーリ
6. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
7. ルクレール+フェラーリ
8. リカルド+マクラーレン
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ストロール+アストンマーチン
12. アロンソ+アルピーヌ
13. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
14. オコン+アルピーヌ
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
—-以下、ノックアウト
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. クビツァ+アルファロメオ
20. マゼピン+ハース

☆☆ 角田裕毅がトラックリミット違反で+5秒でQ1ノックアウト!!

※ラッセル+ウィリアムズが繰り上がった。

<18時25分>
Q2開始。ここでも、誰も出てこない。

<18時26分>
レッドブル・ホンダの2台がコースインしたのを合図のように、続々とコースイン。とにかくここでは、トーの奪い合い。

<18時28分>
ペレス+レッドブル・ホンダがアタック開始。

<18時29分>
ペレス+レッドブル・ホンダが1分20秒台。

<18時30分>
ペレス+レッドブル・ホンダはあっと言う間に10番手。メルセデスが1-2、マクラーレンの2台が続き、ガスリー+アルファタウリ・ホンダが追っている。

1アタック目
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. ノリス+マクラーレン
4. リカルド+マクラーレン
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
7. リカルド+マクラーレン
8. ストロール+アストンマーチン
9. ルクレール+フェラーリ
10. ペレス+レッドブル・ホンダ
—-ボーダーライン
11. オコン+アルピーヌ
12. フェッテル+アストンマーチン
13. サインツ+フェラーリ
14. ラッセル+ウィリアムズ
15. アロンソ+アルピーヌ

☆☆ メルセデスの2台の差は、0.096秒。ほぼゼロに等しい。

<18時37分>
メルセデスが、ボッタス-ハミルトンの順でピットロードへ。
が、続々とピットガレージを出てくるライバルに遮られて、思うようにコースインできなかった。

☆☆ ボッタス+メルセデスは、予選前にPUを交換している。

Q2結果

1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. ノリス+マクラーレン
4. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
5. リカルド+マクラーレン
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
8. サインツ+フェラーリ
9. ルクレール+フェラーリ
10. ペレス+レッドブル・ホンダ
—-ボーダーライン
11. フェッテル+アストンマーチン
12. ストロール+アストンマーチン
13. アロンソ+アルピーヌ
14. オコン+アルピーヌ
15. ラッセル+ウィリアムズ

<18時48分>
チーム毎にコースイン。レッドブル・ホンダにガスリー+アルファタウリ・ホンダが続いて、ホンダ勢は“3台態勢”!?

<18時51分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダ、セクター2全体ベストで、ハミルトン+メルセデスに次ぐ2番手。
ノリス+マクラーレンがセクター1全体ベストで3番手。

<18時52分>
ボッタス+メルセデスがダートに後輪を落とす猛烈アタック。しかし、そのロスが響いたか5番手のまま。

1アタック目
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ノリス+マクラーレン
4. リカルド+マクラーレン
5. ボッタス+メルセデス
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. ルクレール+フェラーリ
8. サインツ+フェラーリ
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ

<18時57分>
ここでもレッドブル・ホンダが最初にコースイン、メルセデス、フェラーリが続いた。

☆☆ 非常に分かりやすいモンツァの予選は面白い!!

<19時00分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがセクター2全体ベスト!!

Q3結果

1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ノリス+マクラーレン
5. リカルド+マクラーレン
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. サインツ+フェラーリ
8. ルクレール+フェラーリ
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ

※しかし、ボッタス+メルセデス、明日のスプリント予選に関係なく、決勝レースは、PU交換で最後尾スタート。

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER