F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   パワーを立証したメルセデス–ボッタス渾身の一発!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

パワーを立証したメルセデス–ボッタス渾身の一発!!

アルファロメオ行きを発表したボッタスが最速。

イギリスGPに続き、“グリッドを決める予選”が高速モンツァで展開し、タイムが更新される度にスタンドが沸いた。

最後を決めたのは、メルセデス。セクター2で最速を記録したバルテリ・ボッタスが、2022年のアルファロメオ入りを前に、イタリアのファンの喝采を浴びた。ハミルトンを従えたボッタスは、チェッカードフラッグを受けた瞬間、チーム無線で雄叫びを上げた。

260km/hを超える最終コーナーのパラボリカからストレートの高速区間は、空力性能+パワーユニットの力で決まる。改めてメルセデスのポテンシャルを如実に証明した。

1時間のセッションで、4-5番手のマクラーレンの2台と6番手のガスリー+アルファタウリ・ホンダも光っていた。いずれも、スリップストリームを使わない実力タイムで、メルセデスとホンダのパワーを立証した。

ガスリー+アルファタウリ・ホンダは、果敢なアタックで6位に着けたが、角田裕毅は、手痛いトラックリミット違反。

角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは、Q1の最終コーナーで、ギリギリのアタックの結果、トラックリミット違反で5秒を加算され、ノックアウト。レースでの追い上げに望みを託す結果になった。

◆2021F1GP第10戦イタリアGP予選レースのグリッドを決める予選結果
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ノリス+マクラーレン
5. リカルド+マクラーレン
6. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
7. サインツ+フェラーリ
8. ルクレール+フェラーリ
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
—-以下、Q2ノックアウト
11. フェッテル+アストンマーチン
12. ストロール+アストンマーチン
13. アロンソ+アルピーヌ
14. オコン+アルピーヌ
15. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ(※)
—-以下、Q1ノックアウト
16. ラッセル+ウィリアムズ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. シューマッハ+ハース
19. クビツァ+アルファロメオ
20. マゼピン+ハース

※角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは、トラックリミット違反で、ベストタイムが抹消され、Q1で敗退、ラッセル+ウィリアムズが繰り上がった。

[STINGER]山口正己
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER