F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   お帰り、アルボン!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

お帰り、アルボン!!

シミュレーターで見せた地道な姿勢が買われた!?

まだ噂の段階だが、今シーズンを迎える前に、レッドブルの正ドライバーからサードドライバーに“格下げ”され、シミュレーターの中で過ごしていたアレキサンダー・アルボンが、2022シーズンにウィリアムズでF1GPに復帰するという。ウィリアムズのシートは、ジョージ・ラッセルがメルセデスに抜擢されたことで空席になっていた。

また、2021年の1年間、レッドブルのシュレーターでの熱心さが買われ、さらにレッドブルとの契約のオプションが2023年までとなっていることから、レッドブルのクリスチャン・ホナー代表は、「アレックスの復帰は十分考えられる」とコメントしたとい。契約書にサインした後も、夜までシミュレーターに戻った姿勢には、誰もが称賛の声を上げている。

また、タイの血を引くアレキサンダー・アルボンのドライビングのポテンシャルは、カート時代からのライバルだったマックス・フェルタッペンやシャルル・ルクレールも認めるところ。フェルスタッペンは、「アレックスが一番速い」と言っている。

2021年にアルボンが務めたウィリアムズのシュミレーション・ドライバーは、他に、ユーリ・ビップスをメインに、リアム・ローソンとジェイク・デニスが引き継ぎ、さらにフォーミュラEなどでも経験を積んでいるセバスチャン・ブエミとも契約する予定であり、ヨースト・カピトが描くウィリアムズの未来像は、確実に明るい方向に向かっている。

[STINGER]山口正己
photo by WILLIAMS

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER