F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第16戦/トルコGP/イスタンブール・サーキット/予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第16戦/トルコGP/イスタンブール・サーキット/予選

 

イスタンブール・パークサーキットは雨が続いている。
予選を前に行なわれたフリー走行3では、ガスリー+アルファタウリ・ホンダが最速を記録。予選を楽しみなものにした。

<14時50分>(日本時間20時50分)
スタンドには傘の花が咲いている。

<14時53分>
雨が上がって、徐々に路面が乾き始めたが、天気予報は、“雨100%”を報じている。

忙しいセッションになりそうだ。

<14時58分>
ライコネン+アルファロメオを先頭に、ピット出口に、マシンが並んでいる。
ちょうどセッション開始に併せて雨が来そうだ。

<15時00分>
セッション開始。
雨がドラマを演出しそうだ。

<15時01分>
“3分後に雨”の情報。

<15時02分>
ハミルトン+メルセデスがダッシュを決めるが、ターン1で全輪がトラックリミットをはみ出した。

☆☆ サインツ+フェラーリがスピン!!

☆☆ 路面は所々濡れている。

<15時04分>
“5分後にドシャッと来る”。
ラッセル+ウィリアムズが1分21秒台でトップ。

<15時05分>
ハミルトン+メルセデスが最速、角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが2番手。
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがセクター1全体ベスト。

<15時06分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが1分20秒台へ。

☆☆ ハミルトン+メルセデスがトップ奪回。

<15時07分>
ボッタス+メルセデスが最速。

<15時08分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがスピン!!

1. ボッタス+メルセデス
2. ノリス+マクラーレン
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. アロンソ+アルピーヌ
5. ルクレール+フェラーリ
6. ハミルトン+メルセデス
7. ラティフィ+ウィリアムズ
8. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
9. ペレス+レッドブル・ホンダ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
12. リカルド+マクラーレン
13. ストロール+アストンマーチン
14. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
15. ラッセル+ウィリアムズ
—-ボーダーライン
16. オコン+アルピーヌ
17. ライコネン+アルファロメオ
18. シューマッハ+ハース
19. マゼピン+ハース
20. サインツ+フェラーリ

<15時11分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダが最速。

角田裕毅+アルファタウリ・ホンダがノックアウトゾーンから17番手へ。
ジオヴィナッツィ+アルファロメオ、ストロール+アストンマーチン、角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ、ライコネン+アルファロメオ、マゼピン+ハースがノックアウトゾーン。

<15時13分>
ハミルトン+メルセデス、1コーナーでフラついたがトップ。

角田裕毅、ノックアウトゾーンから9番手へ!!

<15時15分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが最速。角田裕毅11番手。

<15時16分>
ハミルトン+メルセデスが唯一の1分24秒台。フェルタッペン+レッドブル・ホンダに0.448秒差。

<15時18分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダが2番手へ。オコン+アルピーヌが6番手へ。
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ、6番手へ!!
フェルタッペン+レッドブル・ホンダ2番手。

<15時19分>
シューマッハ+ハース11番手!!

Q1結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
4. ルクレール+フェラーリ
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. ボッタス+メルセデス
7. ノリス+マクラーレン
8. アロンソ+アルピーヌ
9. サインツ+フェラーリ
10. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
11. ラッセル+ウィリアムズ
12. オコン+アルピーヌ
13. ストロール+アストンマーチン
14. シューマッハ+ハース
15. フェッテル+アストンマーチン
—-以下、ノックアウト
16. リカルド+マクラーレン
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
19. ライコネン+アルファロメオ
20. マゼピン+ハース

<15時25分>
メルセデスがハミルトン-ボッタスの順で、ミディアム・タイヤでコースイン。

他も続いている。

☆☆ サインツ+フェラーリだけがピットにいる。

<15時28分>
ボッタス-ハミルトンのメルセデスの間にガスリー+アルファタウリ・ホンダが割り込んだトップ3。
ペレス+レッドブル・ホンダがスピン。危うく接触を免れた。

<15時30分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダがセクター1-2全体ベスト。

シューマッハ+ハースが7番手へ。

☆☆ フェルタッペン+レッドブル・ホンダがトップへ。

<15時31分>
ハミルトン+メルセデス-フェルタッペン+レッドブル・ホンダ-ボッタス+メルセデス-ガスリー+アルファタウリ・ホンダ-アロンソ+アルピーヌ。
☆☆ アロンソ+アルピーヌが3番手へ。

☆☆ 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダは6番手。

<15時43分>
自己ベストをつないでいたルクレール+フェラーリが最終コーナーでスピン。

<15時35分>
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. アロンソ+アルピーヌ
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
7. ノリス+マクラーレン
8. ペレス+レッドブル・ホンダ
9. オコン+アルピーヌ
10. ルクレール+フェラーリ
—-ボーダーライン
11. フェッテル+アストンマーチン
12. ストロール+アストンマーチン
13. シューマッハ+ハース
14. ラッセル+ウィリアムズ
15. サインツ+フェラーリ

<15時38分>
ストロール+アストンマーチンが7番手、さらにペレス+レッドブル・ホンダが3番手。

<15時38分>
アロンソ+アルピーヌが3番手へ。チームメイトのオコン+アルピーヌは10番手。
ストロール+アストンマーチンがコースを外した。

<15時40分>
ラッセル+ウィリアムズが最終コーナーでコースを外した。
ルクレール+フェラーリが最後のアタックで12番手から7番手へ。

Q2結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. アロンソ+アルピーヌ
6. ペレス+レッドブル・ホンダ
7. ルクレール+フェラーリ
8. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
9. ストロール+アストンマーチン
10. ノリス+マクラーレン
—-以下、ノックアウト
11. フェッテル+アストンマーチン
12. オコン+アルピーヌ
13. ラッセル+ウィリアムズ
14. シューマッハ+ハース
15. サインツ+フェラーリ

ガスリーとアロンソ、そして角田裕毅に注目したいQ3。

☆☆ もちろん、ボッタスとハミルトンのバトル、そしてフェルタッペンの闘いも!!

<15時48分>
メルセデスが最初にコースイン。

ハミルトン+メルセデスは、10グリッド降格が決まっているので、トルコGPでは今年もポールポジションを記録できないまま。

☆☆ 角田裕毅だけミディアム・タイヤ、他はソフト。

<15時51分>
ボッタス-ハミルトンのメルセデスに続いてガスリー+アルファタウリ・ホンダ。フェルタッペン+レッドブル・ホンダがそれを更新して3番手へ。

1アタック目
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ノリス+マクラーレン
8. ルクレール+フェラーリ
9. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
10. ストロール+アストンマーチン

<15時57分>
ハミルトン+メルセデスが全体ベストをつないで1分22秒台のコースレコード。

<15時59分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダがセクター1で全体ベスト。

Q3結果

1. ハミルトン+メルセデス
2. ボッタス+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ルクレール+フェラーリ
5. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ペレス+レッドブル・ホンダ
8. ノリス+マクラーレン
9. ストロール+アストンマーチン
10. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER