F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのトルコGP–特別カラーのレッドブル・ホンダがダブル表彰台!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのトルコGP–特別カラーのレッドブル・ホンダがダブル表彰台!!

日本GPが予定されていたこの日のために衣替えしたレッドブル・レーシング・ホンダの二人。そろって表彰台の祝杯。

鈴鹿でホンダ最後の決戦が予定されていた10月10日、2021F1GP第16戦として日本GPの代わりに行なわれたトルコGP決勝で、ホンダ・パワーを積むレッドブル・ホンダが2-3位、マックス・フェルタッペンとセルジオ・ペレスが表彰台に登り、フェルスタッペンがポイントリーダーに返り咲いた。

霧雨の中で進んだレースは、走行を重ねても路面が乾くことなくウエットコンディションの中で進み、ミスが許されない戦いとなったが、レッドブル・レーシング・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダともにレースをマネージし、3台がトップ6に食い込んだ。

 

ピットの換気に迎えられるフェルタッペン+レッドブル・ホンダ。

スタートには全車がインターミディエイトタイヤを選択。フェルタッペンはフロントローの2番手、ガスリーが4番手、ペレスが6番手、角田裕毅が9番手からスタート。

ターン1でペレスが4番手にポジションアップ。ガスリーはペレスとフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)に挟まれる形で、外側のアロンソと接触。アロンソのスピンを誘ったとして5秒ペナルティーが科された。

順調なスタートを見せた角田は、背後に迫るルイス・ハミルトン(メルセデス)を数周にわたって抑え続け、最終的にオーバーテイクを許したものの、見応えあるバトルを展開していたが、22周目にターン9でスピン、トップ10圏外に後退した。

2番手を走行していたフェルスタッペンは、タイヤを労りながらの走行となり、トップのボッタス(メルセデス)に近づけなかったが、後方のシャルル・ルクレール(フェラーリ)との差を広げてレースを進めた。

ハミルトンを巧みに抑え、見事なレースを見せた角田裕毅。最終的にはスピンを喫するも、巧みな走りで印象を残した。

レースは膠着状態となったが、ペースを上げたペレスが、後方から迫ってきたハミルトンと抜きつ抜かれつのサイドbyサイドの争いを展開、レースのハイライトとなった。

日本GP仕様の特別カラーリングで戦ったレッドブル・レーシング・ホンダがダブル表彰台。ガスリーが6位となり、この6戦で4度目のトップ6フィニッシュを果たし、フェルスタッペンが再びドライバーズチャンピオンシップの首位に返り咲き、6戦を残してハミルトンに6ポイント差をつける結果と結果なった。

次戦は2週間後の10月24日(日)決勝のアメリカGP。日本時間の翌月曜日早朝4時にスタートする。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「トルコGP決勝は、フェルスタッペンが2位、ペレスが3位に入り、Red レッドブル・レーシング・ホンダがダブル表彰台を獲得できました。優勝を逃したことは残念ですが、今週末のメルセデスの速さを考えると、我々としては、持てるパフォーマンスを最大限に発揮していいレース結果を得ることができたと思います」

「終盤に向けて意味のスクーデリア・アルファタウリ・ホンダレースでした」と田辺TD。

「フェルスタッペンはいつも通 り安定した走りで2位を堅持しました。ペレスもタイヤを上手くマネージして前車をパスし、スタートポジションから一つ上げて3位となり、今後のチャンピオンシップを考慮しても、意味のある 結果になったと思います」

「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダは、ガスリーが6位、残念なレースが続いたここ数戦から挽回するパフォーマンスを見せてくれた角田が、小さなミスからポジションを落として入賞圏外に終わったことは残念でしたが、序盤にハミルトン選手を後ろに抑え続け、いい走りを見せてくれました」

「今週は、本来日本GPが行われるはずだった週末ということで、2つのチームとともに士気高く臨みました。優勝は逃しましたが、ダブル表彰台を獲得し、ドライバーズチャンピオンシップでもトップを取り戻せたことは、日本で応援してくれているファン の皆さんにも喜んでもらえる結果になったと思っています」

「残すはアメリカ大陸と中東での6戦のみになりました。最高の形でシーズンを終えられるよう、ここからも全力でレースに挑んでいきます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER