F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのメキシコGP予選–最終アタックを阻まれ、メルセデスに最前列を譲る

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのメキシコGP予選–最終アタックを阻まれ、メルセデスに最前列を譲る

コースアウトしたマシンに阻害され、惜しくもボールを逃したフェルタッペン+レッドブル・ホンダ。

高地メキシコシティのオートドロモ・エルマノス・ロドリゲスで行なわれた2021F1GP第18戦メキシコGPの予選で、マックス・フェルタッペン+レッドブル・ホンダがポールポジション争いを展開したが、最終アタックでコースオフしたマシンに阻まれてタイムアップならず、フェルタッペンとセルジオ・ペレスは2列目、ガスリー+アルファタウリ・ホンダがそれに続く5番手と気を吐いたが、角田裕毅+アルファタウリ・ホンダはすでに決まっていた最後尾スタートのペナルティを少しでも挽回すべく、Q3に進出して3番手を記録、グリッドダウンを3ポジション挽回して予選17番手スタートとなった。

Q1は、序盤にランス・ストロール(アストンマーティン)の最終コーナーでのクラッシュで赤旗中断。ドライバーは無事だったがバリアの修復で20分以上の中断の後にセッション再開。

フェルスタッペンが1回のみのアタックで3番手、ガスリーが4番手、セルジオ・ペレスが6番手、角田裕毅が7番手と、全車がスムーズに突破。

決勝のスタートタイヤを考慮して多くがミディアムタイヤを使用したQ2では、フェルスタッペンが圧倒的なペースで最速。同じくミディアムタイヤで臨んだペレスが7番手、角田裕毅+アルファタウリ・ホンダのスリ ップストリームを使ったガスリーが5番手、PU交換によるグリッド降格ペナルティーが決まっていた角田は、ソフトタイヤで3番手タイム。

Q3は、2回目のアタックでフェルスタッペンの目前を走行していたペレスが、ターン10でさらに前を走っていた角田の走りに影響されてオーバーラン、それを見たフェルスタッペンはアクセルを緩め、2台ともに自己ベストタ イムを更新できず、フェルスタッペンが3番手、ペレスが4番手でともに2列目スタートに納まった。

ガスリーは、レッドブル・ホンダとメルセデスに次ぐ5番手、角田は9番手となったが、ペナルティーのグリッド降格で、他のドライバーを上回り、17番手スタートとなった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「ホンダ勢4台がQ3に進出し、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン手が3番手、ペレスが4番手のカンドローを獲得しました」

「べライバルがFP3後の予選で大きくタイムアップをし、2台ともにQ3最後のアタックでクリーンなラップを走れなかったことで、やや難 しいセッションになりました」

「スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーは、昨日から調子のよさを見せており、今日の予選でもトップ2チームに次ぐ5番手と、いいポジションを得ることができています。PU交換のペナルティーによりグリッド降格が決まっている角田は、同様にペナルティーを受ける他 のマシンよりも前でスタートすべく予選を戦い、3戦連続でQ3に進出して9番手のポジションを確保しました。レースペースはよいので、明日のレースでは多くのオーバーテイクが見られることを期待しています」

「会場のオートドロモ・エルマノス・ロドリゲスは1ラップの距離が短く、レースは71ラップとタフな戦いになりますが、ホンダPU搭載の4台が、最後まで全力で走り抜けるよう、準備を進めます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER