F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのブラジルGP初日–フェルスタッペン2番手、ホンダ・パワー3台がトップ5入り

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのブラジルGP初日–フェルスタッペン2番手、ホンダ・パワー3台がトップ5入り

2021F1GP第19戦サンパウロGPがブラジルのインテルラゴス・サーキットでスプリント予選フォーマットのスケジュール初日、60分のフリー走行と予選が行われ、マックス・フェルスタッペンが2番手。Hondaパワーユニット勢がトップ5の3台を占めた。

スプリント予選フォーマットでは、予選前の調整がフリー走行1セッションのみとなり、FP1でレッドブル・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダとも序盤からコースイン、精力的に走行を重ね、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンとセルジオ・ペレスは、ロングラン中心のプログラムの中で2-3番手。

スクーデリア・アルファタウリ・ホンダも、ピエール・ガスリーが中団勢最上位の5番手、インテルラゴス初走行の角田裕毅も12番手で好調な滑り出しを見せた。

2時間30分後の予選Q1では、路面状況の改善で走行を重ねるたびにタイムアップし、ペレスとフェルスタッペンが5-6番手、ガスリーと角田が8-9番手と、4台そろってQ2へ進出。

角田は最後のアタックでタイヤをロックアップさせてトップ10入りを逃し、土曜日のスプリント予選を13番手からスタートするが、決勝に向けて追い上げを狙っている。

フェルスタッペン、ペレス、ガスリーは、Q3でも好走。フェルスタッペンが2番手となります。首位のルイス・ハミルトン(メルセデス)は、スプリント予選ではポールポジションからスタートするが、エンジン交換のペナルティー で、日曜の決勝ではスプリント予選の結果から5グリッド降格となる。

ペレスは、3番手に0.013秒の僅差で4番グリッド。ガスリーも、2戦連続でトップ2チームに次ぐ位置の5番グリッドをとなった。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「走行初日は、FP1に続いて予選が行われ、レッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペンが2番手、ペレスが4番手、さらにスクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリーが5番手と、トップ5にホンダ勢の3台が入る結果となりました」

「角田は残念ながら13番手でQ2敗退となってしまいましたが、インテルラゴス・サーキットでの初走行でいいペースを見せていたので、明日のスプリント予選を上手く使って、日曜の本番レースにつなげられればと思い ます」

「予選開始時からはパルクフェルメルールが適用され、1時間のFP1走行終了から予選までの2時間半の間に走行データを解析、車体側・PU側ともに課題を潰し込んでベストな状態にすることが求められ、通常のレースウイークと比べて短時間で最適化を進めるという点で、エンジニアにとっても非常に忙しい一日になりましたが、同様のフォーマットで行われたイギリスGP、イタリアGPからの学びもあり、プロセス自体は順調に進めることができました」

「明日のスプリント予選、そして日曜のレースでは、両チームそれぞれのライバルとは僅差の戦いになるはずです。今週もチームとともに各セッションに最善を尽くして臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER