F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダのカタールGP初日–「順調な滑り出し」by田辺TD

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダのカタールGP初日–「順調な滑り出し」by田辺TD

ホンダ勢好調の初日。

F1初開催のロサイル・インターナショナル・サーキットで、2021F1GP第20戦カタールGPが、初日のフリー走行を行ない、両セッションでレッドブル・レーシング・ホンダ、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの4人のうち3人がトップ3入りを果たし、上々の滑り出しを見せた。

スタート時間が夕方に設定されたトワイライトレースのため、日中に行われたFP1は予選・決勝で予想されるコンディションとは異なるが、全員が初めて走るサーキットだけに、各チームとも精力的に走行を重ね、トラックリミット違反が多発するなど、コース特性を探るトライが行なわれた。

マックス・フェルスタッペンは、FP1でトップタイム。約0.4秒差の2番手にピエール・ガスリーが続いた。角田裕毅も好調な走りを見せて5番手、セルジオ・ペレスが8番手を記録した。

決勝のスタート時間と同時刻に開始したFP2でも、ホンダ勢は好調を持続、ガスリーがトップから約0.2秒差の2番手、その約0.1秒差の3番手にフェルスタッペンが並んだ。角田とペレスも7、8番手を叩き、全車がトップ8に食い込んだ。

ホンダF1レーシング田辺豊治テクニカルディレクター
「カタールGP初日は、FP1が日中に、FP2はレース開始時間に合わせた夕刻17時から行われ、砂漠地帯でのレースの例に洩れず、特に日没後に外気や路面の温度が大きく変化するため、土曜日の予選/レースに向けて、路面温度の状況が近いFP2のデータが重要となります」

「今日が初走行となったロサイル・インターナショナル・サーキットで、両チームは多くの周回を重ねて車体・PUともにセットアップの煮詰めを進めましたが、パフォーマンスアップのためにまだまだやることがたくさんあります。本日収集した多くのデータを解析し、予選、またレースに向けて最適化を進めて臨みます」

【STINGER】
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER