F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2021F1GP第20戦/カタールGP/ロサエル・インターナショナル・サーキット/予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2021F1GP第20戦/カタールGP/ロサエル・インターナショナル・サーキット/予選

初開催のカタールGP。陽が傾き始めるトワイライト。17時(日本時間23時)からの予選に向けて、コースの照明が点灯し、風がやや強くなってきた。

<16時55分>
予選を前にしたフリー走行3の結果は以下のとおり。
フリー走行3結果
1. ボッタス+メルセデス
2. ハミルトン+メルセデス
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. サインツ+フェラーリ
7. アロンソ+アルピーヌ
8. オコン+アルピーヌ
9. ルクレール+フェラーリ
10. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
11. リカルド+マクラーレン
12. フェッテル+アストンマーチン
13. ノリス+マクラーレン
14. ラッセル+ウィリアムズ
15. ストロール+アストンマーチン
16. ライコネン+アルファロメオ
17. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. シューマッハ+ハース
20. マゼピン+ハース

<17時00分>
セッション開始。
☆☆シューマッハとマゼピンのハースが早々にコースイン。

<17時02分>
続々とコースインが始まった。
シューマッハ+ハースが連続周回を始めたが、右フロント・ウィングがひしゃげてあらぬ方向を向いている。

<17時05分>
セクター2全体ベストのがガスリー+アルファタウリ・ホンダが4番手。前には、2台のフェラーリとフェッテル+アストンマーチンがいる。

<17時06分>
フェラーリが1-2へ。ハミルトン+メルセデスがセクター1全体ベストでアタック開始。

<17時07分>
ノリス+マクラーレンのタイムをハミルトン+メルセデスが更新、フェルタッペン+レッドブル・ホンダが続いている。

<17時09分>
ガスリー+アルファタウリ・ホンダが3番手。角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが5番手。

<17時10分>
アロンソ+アルピーヌが3番手。
ボッタス+メルセデスがセクター1全体ベスト。

サインツ+フェラーリが4番手へ。

<17時11分>
ボッタス+メルセデスがハミルトン+メルセデスに3/1000秒差でトップへ。

<17時13分>
アロンソ+アルピーヌが5番手。

フェルタッペン+レッドブル・ホンダが1分21秒秒台に入れた。ボッタス+メルセデスとの差は、0.020秒差。

<17時14分>
ルクレール+フェラーリとノリス+マクラーレンが最終コーナーをはみ出した。

<17時15分>
ラッセル+ウィリアムズが10番手へ。

<17時16分>
トップのフェルタッペン+レッドブル・ホンダを追って、メルセデスの2台がコースインしている。

Q1結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. サインツ+フェラーリ
5. ペレス+レッドブル・ホンダ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
8. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
9. フェッテル+アストンマーチン
10. ストロール+アストンマーチン
11. オコン+アルピーヌ
12. リカルド+マクラーレン
13. ルクレール+フェラーリ
14. ノリス+マクラーレン
15. ラッセル+ウィリアムズ
—-以下、ノックアウト
16. ライコネン+アルファロメオ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. ジオヴィナッツィ+アルファロメオ
19. シューマッハ+ハース
20. マゼピン+ハース

 

☆☆ レッドブル・レーシングのピットを、マシンの前にクルーが立ちはだかって、いつものように作業を隠している。

<17時25分>
Q2開始。まずはラッセル+ウィリアムズがコースインした。
リカルド+マクラーレンが続いている。

☆☆ フェラーリ、メルセデス、レッドブル・ホンダが続々とピットを後にしている。

<17時27分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダはガスリーとともにソフト・タイヤでアタックに向かった。

<17時28分>
ハミルトン+メルセデスがアタック開始。

☆☆ よどみないドライビングで2番手のサインツ+フェラーリに0.5秒の差をつけた。

<17時30分>
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが3番手、フェルタッペン+レッドブル・ホンダが2番手に食い込み、それをガスリー+アルファタウリ・ホンダが上回った。

<17時31分>
ルクレール+フェラーリ、フェッテル+アストンマーチン、オコン+アルピーヌ、アロンソ+アルピーヌ、ストロール+アストンマーチンがノックアウトゾーン。

<17時33分>
アロンソ+アルピーヌが6番手。角田裕毅に続いた。

<17時33分>
1. ハミルトン+メルセデス
2. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
3. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
4. ボッタス+メルセデス
5. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. オコン+アルピーヌ
8. サインツ+フェラーリ
9. フェッテル+アストンマーチン
10. ストロール+アストンマーチン
—-ボーダーライン
11. ノリス+マクラーレン
12. ペレス+レッドブル・ホンダ
13. ラッセル+ウィリアムズ
14. リカルド+マクラーレン
15. ルクレール+フェラーリ

<17時37分>
ハミルトン+メルセデスがコースイン。続いてフェルタッペン+レッドブル・ホンダがコースに向かった。

☆☆ どちらもソフト・タイヤ。

<17時39分>
ノリス+マクラーレン、ペレス+レッドブル・ホンダ、ラッセル+ウィリアムズ、リカルド+マクラーレン、ルクレール+フェラーリがノックアウトゾーン。

☆☆ ノリス+マクラーレンが8番手、ルクレール+フェラーリは12番手。リカルド+マクラーレンは13番手でチェッカー。

<17時分>
アロンソ+アルピーヌが3番手。
ペレス+レッドブル・ホンダ1番手でノックアウト。

Q2結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
3. アロンソ+アルピーヌ
4. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
5. ボッタス+メルセデス
6. オコン+アルピーヌ
7. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
8. フェッテル+アストンマーチン
9. ノリス+マクラーレン
10. サインツ+フェラーリ
—-以下、ノックアウト
11. ペレス+レッドブル・ホンダ
12. ストロール+アストンマーチン
13. ルクレール+フェラーリ
14. リカルド+マクラーレン
15. ラッセル+ウィリアムズ

<17時48分>
メルセデスの2台が早々にコースイン。

<17時49分>
フェルタッペン+レッドブル・ホンダが続いた。

☆☆ ハミルトン+メルセデスがセクター1最速。

☆☆ ボッタス+メルセデスがセクター1更新

<17時52分>
ハミルトン+メルセデス、1分21秒252の最速。
ボッタス+メルセデスがコンマ2秒差。
角田裕毅+アルファタウリ・ホンダが4番手だったが、ガスリー始め3人に抜かれた。

残り10分
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. アロンソ+アルピーヌ
6. サインツ+フェラーリ
7. ノリス+マクラーレン
8. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
9. オコン+アルピーヌ
10. フェッテル+アストンマーチン

<17時56分>
ハミルトン+メルセデスが出撃。
ガスリー+アルファタウリ・ホンダが続いた。

☆☆ 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダもコースイン。

☆☆ ラバーが載り、気温が下がって、路面がどんどんグリップを上げている。

<18時00分>
ハミルトン+メルセデスが唯一の1分20秒台!!

☆☆ ガスリー+アルファタウリ・ホンダが右フロント・タイヤがバースト!!

Q3結果
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル・ホンダ
3. ボッタス+メルセデス
4. ガスリー+アルファタウリ・ホンダ
5. アロンソ+アルピーヌ
6. ノリス+マクラーレン
7. サインツ+フェラーリ
8. 角田裕毅+アルファタウリ・ホンダ
9. オコン+アルピーヌ
10. フェッテル+アストンマーチン

[STINGER]山口正己
photo by MERCEDES

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER