F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   勝田貴元、WRC最終戦で2022に弾み!!

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

勝田貴元、WRC最終戦で2022に弾み!!

2つのSSでセカンドベストを記録した勝田貴元のヤリスWRC。

トヨタ・ガズー・レーシングWRCチャレンジプログラムの勝田貴元が、11月19日(金)から21日(日)にかけて、イタリアGPの舞台であるオートドロモ・モンツァを中心に開催された、2021年FIA WRC(世界ラリー選手権)第12戦「ラリー・モンツァ」に、コ・ドライバーのアーロン・ジョンストンとヤリスWRCで参戦。セカンドベストタイムを2回記録するなど速さを示し、総合7位でフィニッシュした。

昨年、初開催だったラリー・モンツァでは、勝田は最後のパワーステージを制し、WRCで初のベストタイムを記録している。ラリーは、ターマック(舗装路)ラリーだが、レーシングコースだけでなく、サーキット内に残るオーバルコースのバンクや、未舗装の取り付け道路などを使うコース設定が特徴。さらに、モンツァに近いベルガモ周辺の山岳道路では、一般的なターマックの峠道もステージ全体の半分以上の距離を占める。

金曜日の朝のオープニングでは、山岳ステージ群の濃い霧と湿った路面を警戒して慎重なスタートを切ったが、午後のモンツァでは、2回の5番手タイムを記録して総合6位にポジションアップ。

一日の最後のSS7で2番手タイムを記録すると、2日目の土曜日の午前中には、山岳ステージでスピードを高め、SS9で4番手タイム。その後サーキットに戻ったSS12でも4番手タイムを記録。サーキット内のみを走行する最終日の日曜日も勢いを維持。オープニングのSS14を4番手タイムで走り、総合5位とライバルとの差を縮めた。

しかし、続くSS15のシケインでコンクリートブロックにハイスピードで接触してサスペンションにダメージを負って総合7位に後退したが、ステージの直後に設けられた15分間のサービスで、メカニックが短時間でダメージを修復、ボーナスポイントがかかる最終のパワーステージに駒を進め、パワーステージで、2回目のセカンドベストを記録してシーズンを締めくくり、パワーステージでのボーナスボイントの4を加え、ドライバー選手権7位を獲得した。

勝田貴元
「今回のラリーは、自信をつけようとして臨みました。サーキットのステージではスタートからとても良い感触が得られ、山岳ステージでさらなる改善の必要性を感じましたが、どこでタイムを失っているのかは分かったので、2日目にはフィーリングが向上し、より積極的に攻められるようになりました」

「日曜日の終盤に、僅かだけれど愚かなミスで順位を落としましたが、マシンを修理して最終ステージに送り出してくれたくれたチームに感謝します」

「最終のパワーステージでは2番手タイムを記録することができたので、今回のラリーではいくつかポジティブな収穫があったといえます。今シーズン、サポートしてくれた総ての人に感謝しています」

ユホ・ハンニネン(インストラクター)
「タカにとって厳しいラリーがしばらく続いていたので、モンツァでの目標はしっかりと走ってシーズンを終えることでした」

「金曜日のコンディションは路面のグリップ変化が激しくトリッキーで、彼はあまり自信を持つことができませんでしたが、土曜日はクルマと自分のドライビングに自信を持てるようになり、タイムも向上しました」

「日曜日は、順位を上げようとトライしていた時にコンクリートブロックにぶつかってしまいましたが、メカニックたちによって修理され、最終ステージに臨み、完走できたので本当に良かったですし、パワーステージではとてもいい走りをしました」

「クルマはけっして完璧な状態ではありませんでしたが、自分がミスをしたステージでいいタイムを出せたのが、とても良かったと思います」

「最終的には良い形でシーズンを終えることができ、来シーズン、そしてラリー・モンテカルロに向けて集中して取り組むことができます」

ラリー・モンツァ結果
1. S.オジエ/J.イングラシア トヨタ ヤリス WRC 2h39m08.6s
2.E.エバンス/S.マーティン トヨタ ヤリス WRC +7.3s
3. D.ソルド/K.カレーラ ヒュンダイ i20クーペ WRC +21.3s
4. T.ヌービル/M.ヴィーデガ ヒュンダイ i20クーペ WRC +32.0s
5. O.ソルベルグ/E.エドモンドソン ヒュンダイ i20クーペ WRC +1m32.0s
7.勝田 貴元/アーロン・ジョンストン トヨタ ヤリス WRC +2m34.5s

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER