F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   THE HERO『生沢徹』–50年前にヨーロッパに名を刻んだ日本人

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

THE HERO『生沢徹』–50年前にヨーロッパに名を刻んだ日本人

鈴鹿サーキットと富士スピードウェイの“日本グランプリ”に優勝、ヨーロッパに舞台を移してトップ争いを演じた生沢徹。

1960年代終盤から1970年代序盤にかけて、欧州F3でトップ争いを展開、ホンダF1のドライバーとして期待されたレジェンド中のレジェンド生沢徹が、TAG HEUER の 「the edge MAGAZINE」 のインタビュー『タイムキーパーズ』で当時を振り返った。

2021-12-Week2-JP_Timekeeper-Tetsu Ikuzawa

また、自身のブログで当時を振り返り、ヨッヘン・リントを筆頭とするF1のチャンピオン経験者とトップを争っただけでなく、11月に天に召されたウィリアムズの創始者フランク・ウィリアムズとも深い親交があったことを、写真で紹介した。

50年前に、ヨーロッパのモーターレーシングの“記憶”に刻まれた日本人を、改めて思い出しておきたい。

[STINGER]山口正己
photo by TEAM IKUZAWA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER