F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ホンダF1最後の年総集編(NHK)素晴らしい特番

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ホンダF1最後の年総集編(NHK)素晴らしい特番


◆1月2日にNHKで放送されたホンダF1最後の1年を追う番組は面白かった。

◆本日はこれで十分なのだけれど、何故最高なのか、ちょっと詳細にお伝えしたい。

◆栃木県サクラ研究所と、イギリスのミルトンキーンズのHRDと現場を結び、レッドブルも巻き込んだ開発は、浅木泰昭執行役員、田辺豊治ホンダF1レーシング・テクニカル・ディレクター、山本雅史ホンダF1レーシング.マネージングダイレクターの3人の連携が効率的に闘いに作用したことが改めて伝わった。

◆もちろん、3人を中心にそれぞれのスタッフが、全力を絞り出し、本田宗一郎が残した“やるなら全力で”というスタンスを全うした結果が、最終戦でモノを言った。

◆たとえば、イタリアで投入した新開発のバッテリー・ユニットは、
ECCが新開発の2022年用に開発を進めていたものだった。他パーツやテクノロジーと並行して最終兵器が開発されていたが、メインのテーマではなかったので、研究所の浅木泰昭執行役員に内緒での開発だった。

◆ホンダF1の指導者たちは、勝つ、というテーマだけをスタッフに与え、自由に最高のモノを創らせ、そうでなくとも関係者はそえを感じ、そしてそれを着実に実現した。

◆スタッフたちは“ホンダ最後の1年”にかけ、オーダーを完遂した。

◆そうしてタイトルを取ったとは素晴しい偉業だったが、スタッフたちは、その達成感だけで満足したのだろうか。ホンダは、今年限りでF1GPやめると言っている。

◆スタッフの努力とタイトル奪回に本社として応えるなら、2022年も何らかのたちでF1GPにホンダが関わることが、必須になっている気がする。

◆特別ボーナスは当然だが、もうひとつ、問題は、継続を、いつ発表するか、だけじゃないかと、新春のニュースとしてお届けしておきた。

[STINGER]山口正己
photo by Honda

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン105ポイント
2位ルイス・ハミルトン101ポイント
3位ランド・ノリス56ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・ホンダ149ポイント
2位メルセデスAMG148ポイント
3位マクラーレン80ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER