F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   バーレーンGP、2036年まで契約延長を締結

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

バーレーンGP、2036年まで契約延長を締結

 

2004年以来、中東でのF1GPの礎となり、●のF1開催のキッカケともなった

2036年まで、バーレーンGPの会場を象徴するこのタワーにお目にかかれることになった。

バーレーンGPが、2036年までの開催契約を締結した。

アリフ・ラヒム・バーレーン・インターナショナル・サーキット(以下BIC)会長は、「2004年以来バーレーンがフォーミュラ1を主催することが、とても光栄であり、私達は、この新しい契約によって未来のカレンダーに我々のコースで行なわれることを大変喜んでいます」と語った。

「私達がモータースポーツに関与することに対して、常に長期的に捉えり、私は、グローバルなレースの頂点を中東のモータースポーツのホームとして開催を続けるために必要な信頼を手にすることに関して、フォーミュラ1のステファノ・ドメニカリと彼のチームに感謝します」

シャイフサルマン貯蔵箱アイザアルハーリファBIC最高経営責任者はも、
「18年のF1開催を経て、私達がF1の歴史に役割を果たしたことを誇らしく思います。バーレーンと中東のモータースポーツへの興味は加速し、重要な推進力を持って新しいF1世代のファンが、この大きなスポーツと我々を支えて進歩を続けることを楽しみにしています」

バーレーンの持株会社である「Mumtalakat」のHEハーリドアル・ルマイヒ・バーレーンのCEOは、
「BICが成功した歴史に立ち会うことを誇りに思っています。バーレーンの重要なモータースポーツ遺産を基に、BICは、F1ガルフ航空バーレーングランプリとして、国際的なモータースポーツイベントを主催してきました。2036年までのバーレーンGPの拡張は、王国で高度なインフラストラクチャーに重要な役目を担い、関係するすべての経済成長を始めとして、バーレーンの人々に寄与します」と語った。

【STINGER】
photo by [STINGER]

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER