F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   プッシュロッドかプルロッドか!?

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

プッシュロッドかプルロッドか!?

メルセデス(左)は“押す”プッシュロッド、レッドブルは“引く”プルロッド。トップチームの思想の違いが面白い。

F1のプレシーズン・テストが最終日を迎えた。そこで話題になっているのが、ポーポシングと共に、改めて使われている“プッシュロッドとプルロッド”という言葉。そこを中心に、サスペンションが注目を集めている。

簡単にいうと、スペリングとダンパーのセットをどう活用するかによって、デザイナーによってプッシュロッド派とプルロッド派に分類できる。

簡単にいえば、スプリングとダンパーとタイヤのつなぎ方をどうするか。プッシュロッドは“押す”、プルロッドは“引く”。結果としてプッシュロッドは、スプリングとダンパーユニットがモノコック上部に置かれ、プルロッドは、モノコック下側に装着される。

また、“押す”と“引く”を比較すると、同じ加重を受ける場合、“押す”よりも“引く”方が細いロッドで対応ができるという違いもある。

つまり、プルロッドは、ダンパーユニットがモノコック下部に着くので重心的に有利で、さらにロッドが細くできるから、空気抵抗的にも利点がある。

逆に“プッシュロッドは、ロッドにかかる荷重を支える太さが必要になるだけでなく、ダンパーユニットがモノコック上部につくことで、重心が高くなり、ここだけみるとプルロッドが有利に見える。

ただし、ここで問題になるのは、今年のマシンのボディ下面がベンチュリー形状になっていて、そこに効率よく空気を流す必要があるということだ。

別々に考えれば、フロントサスペンションは、空気抵抗的にはプルロッドが有利だが、ベンチュリー形状のためにノーズを高くしたいので、ダンパーユニットが、空気の通り道になるモノコック下に着いていると邪魔になる。ということで、どちらがいいかは簡単には決められない。

正面から見て、ロッドが“ハの字”に見えるのがプッシュロッド、“逆ハの字”がプルロッド式だが、その視点でテストを眺めると、新たな発見ができるかもしれない。

参考までに、各チームのフロントサスペンションは、以下の通り。

レッドブル=プルロッド
メルセデス=プッシュロッド
フェラーリ=プッシュロッド
マクラーレン=プルロッド
アルピーヌ=プッシュロッド
アルファタウリ=プッシュロッド
アストンマーチン=プッシュロッド
アルファロメオ=プッシュロッド
ウィリアムズ=プッシュロッド
ハース=プッシュロッド

プッシュロッドが大勢を占め、プルロッド・フロントサスは、レッドブル、マクラーレンだけ、といううのも興味深い。

【STINGER】
photo by Formulaone.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER