F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   開幕戦バーレー初日を終えて、大満足のハースの二人

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

開幕戦バーレー初日を終えて、大満足のハースの二人

大満足の初日。シューマッハ(左)と新参入のマグヌッセン。

バーレーンGP初日の2回フリー走行を終えたところで、ハースF1チームの二人は、大満足で2022シーズンを始めたことを笑顔で報告した。

“出戻り”のケビン・マグヌッセンは、「マシンのポテンシャルは高くてとても乗りやすい。他のチームの状況がわからないので、自分たちのポジションがどのへんなのかはまだ見えないけれど、チームが、これまでにない競争力のあるシーズンになることを感じさせてくれています。

昨年夏の段階で、ハースF1チームは、新しい車両規定になる2022年に向けて、2021年のマシンの開発をすべて止めて2022年モデルに注力することを伝えていた。結果として、順調にニューマシンの開発が進んだということだ。

マグヌッセンは、すでに最初のテストでその方向を感じていたが、それを口にすることはなかった。

「テストと同じく、気分が良いです。まだFP1が終わったところで、レースのセットアップのフィーリングをもう少し絞り込みたいけれど、タイムを狙った走りはしていません。FP2は、予選シミュレーションュも行ない。、完全とはいえないけれどいい感じになっています。興味を持っていたロングランも、とても安定していて、ラップタイムは本当に力強かったので、興奮しています」

「現時点では、まだ誰がどこにいるかわからない。特にロングランは、チームメイトの間でさえ、常に変動しているけれど、ここまでのところではいい気分です。佳いクルマをュッ手いることを確認できているので、明日に向けてワクワクしています」

「ドライビングの観点からは、先週とほぼ同じ車です。出発した場所をピックアップしてラップを続け、車との一体感を高めることができて良かったです。長い目で見れば本当に嬉しかったです。そこで車は本当に強く感じます。クオリランで気分が悪くなったわけではありませんが、ロングランでは本当に気分が良かったです。日曜日に私たちがどこに来るのかを見て興奮しています。これまでのところ、良いスタートです。」

「まだフリープラクティス2ですから」。シューマッハは、スピードを見せたが、冷静に応えた。「でも、トップ10に入るのは良い気分です」

「もちろん、みんなハッピーだし、去年よりもいいクルマになっていることに満足していると思う。うまくいけば、もっと良いポジションも可能かも。うまくいけば良いシーズンになるね」

「昨年よりも良くなることを目標にしていたけれど、今のところうまくいっています」

「でも、いま言えるのは、車の中で快適に過ごせるということだけ。けれど、それは大きな前進だと思います。」

【STINGER】
photo by Formulaone.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER