F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   波瀾を制してルクレール+フェラーリPP!!–2022F1GP第3戦オーストラリアGP予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

波瀾を制してルクレール+フェラーリPP!!–2022F1GP第3戦オーストラリアGP予選

会心の走りを見せてシーズン2度目のポールポジションを決めたシャルル・ルクレール+フェラーリ。

2022F1GP第3戦オーストラリアGPが、メルボルン郊外のアルバートパーク・特設コースで行なわれ、フェラーリのシャルル・ルクレールが唯一の1分17秒台で開幕戦に続くシーズン2度目、F1GP通算11回目のポールポジションを決めた。

予選は、接触やクラッシュで赤旗が2度提示される荒れた展開。フェッテル+アストンマーチンがフリー走行のアクシデントで走れず、チームメイトのストロールは、アタックではないところで、ラティフィ+ウィリアムズとラインを交錯させて接触、さらに、全体ベストでセクター1をクリアーしていたアロンソ+アルピーヌが、ハイドロ系統のトラブルからシフトダウンできずにコースオフ、タイヤバリアに接触してアタックを終えた。

ストロール+アストンマーチンとラティフィ+ウィリアムズが230km/h以上の高速コーナーで接触!!

一方、相変わらずポーポシング現象に悩まされているハミルトン+メルセデスは、コースオフする場面を見せながら、間一髪でバリアへの接触を逃れ、最後のアタックでチームメイトのジョージ・ラッセルを凌ぐ5番手タイムを記録する巧さを見せた。

また、角田裕毅は、Q2に進出したが、Q3目指してアタック中にコースを外してアタックを中断、明日のレースの13番手グリッドが決まった。

レースは、日曜日15時(日本時間14時)にスタートする。

2022F1GP第3戦オーストラリアGP予選結果
1. ルクレール+フェラーリ 1分17秒868
2. フェルタッペン+レッドブル 1分18秒154
3. ペレス+レッドブル 1分18秒240
4. ノリス+マクラーレン 1分18秒703
5. ハミルトン+メルセデス 1分18秒825
6. ラッセル+メルセデス 1分18秒933
7. リカルド+マクラーレン 1分19秒032
8. オコン+アルピーヌ 1分19秒061
9. サインツ+フェラーリ 1分19秒408
10. アロンソ+アルピーヌ 1分19秒226
—-以下、Q2ノックアウト 1分19秒410
11. ガスリー+アルファタウリ 1分19秒226
12. ボッタス+アルファロメオ 1分19秒410
13. 角田裕毅+アルファタウリ 1分19秒424
14. 周冠宇+アルファロメオ 1分20秒
15. シューマッハ+ハース 1分20秒155
—-以下、Q1ノックアウト
16. アルボン+ウィリアムズ 1分20秒135
17. マグヌッセン+ハース 1分20秒254
18. フェッテル+アストンマーチン 1分21秒149
19. ラティフィ+ウィリアムズ 1分21秒372
20. ストロール+アストンマーチン ノータイム

[STINGER]山口正己
photo by formula1.com

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER