F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   角田裕毅、週末が待ちきれない–ガスリーとともにホームコースのイモラを待っている

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

角田裕毅、週末が待ちきれない–ガスリーとともにホームコースのイモラを待っている

スクーデリア・アルファタウリの本拠地に最も近いイモラのレースを、二人とも待ちきれない。

スクーデリア・アルファタウリの本拠地から僅か15km。10チーム中最もコースに近いホームコースのイモラで、2022シーズンの第4戦が始まる。ピエール・ガスリーにとっても、角田裕毅にとっても、最も力の入るコースだ。

角田裕毅は去年、予選を走れずに最後尾からスタートしたが、セルジオ・ペレスのレッドブル・ホンダに次ぐ12番手まで追い上げた。最も走り込んで自信をつけているイモラ。角田裕毅は腕まくりして22日金曜日のセッション開始を待っている。

角田裕毅
「オーストラリアに行くのが楽しみです。海の近くなので、空気がとても澄んでいて良かったけれど、去年は難しい週末でになって、特にロングランで思っていた以上に苦戦しました」

「初めて走るコースだったけれど、フリー走行1から自信が持てました。レースは大変でしたが、すでに、次のイモラに照準を合わせて改善するポイントが分かっていて、チームとともにそこに集中してプログラムを進めました。イモラはホームコースなので、興味深い週末になると思います」

「スプリント・レースのあるフォーマットは今年初めて。近年は、スプリント・レースを心配していたけれど、イモラは多くの周回をこなしているコースだったので、コースは熟知していました。今回は、スプリント・レースでいいところに行ければ、ポイント圏内でゴールできると思います」

「コースがここまでの3戦より狭いけれど、それが興味深いです。フリー走行1で、縁石に乗っていいかどうかを探って、予選までに適応させられると思っています。これまでの経験と、先週行なったシミュレーター・セッションでそれを確認しました」

「現在しばらくイタリアに住んでいたので、その家に滞在してホームコースに通えることで、レースに集中するためにより快適なシチュエーションだと思います」

ピエール・ガスリー
「オーストラリアGPは、純粋にスピードという視点からは前の2戦ほどではなかったけれど、サウジアラビアに続いてポイントをゲットできたので、長いフライトの甲斐があったよ」

「集中の糸を切らさないようにがんばらなければならならず、セフティカーのタイミングで不運に襲われたけれど、ポイントを拾えた。わずか2ポイントだったけれどポイント圏内にいることが重要だからね」

「まだまだやることはあるけれど、ボクたちのパッケージにはもっと可能性があるはず。今週のイモラに向けて、マクラーレンとアルピーヌが強敵とわかっている。中団での激しい接近戦になると思うけれど、ポテンシャルを改善できると思っている」

「イモラで、ステップアップできれば良いね。イモラはスクーデリア・アルファタウリの工場にとても近いこともあるし、ボクが本当に好きなコースだから、スタンドからはいつも以上にたくさんのサポートをもらえて特別な雰囲気になるので、本当にいいレースを観せたい」

「何カ所かの高速コーナーはとてもハイスピードだけれど複雑なコーナーもある。イモラで走ると本当にハッピーになるんだ。特に2020年は、レースではリタイアしてしまったけれど、予選4番手からスタートできるパフォーマンスを持っていたからね」

「コースが狭いので、追い越しはとてもトリッキーなので、今年が、ポイントを得点する別のチャンスになる土曜日のスプリントレースのために、金曜日にいいポジションをゲットすることが重要だね」

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER