F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   拮抗したタイム合戦–ライブタイムメモ/2022F1GP第5戦/アメリカGP/マイアミ・インターナショナル・オートドロモ/米国フロリダ州/マイアミ/フリー走行3

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

拮抗したタイム合戦–ライブタイムメモ/2022F1GP第5戦/アメリカGP/マイアミ・インターナショナル・オートドロモ/米国フロリダ州/マイアミ/フリー走行3

青い空に入道雲が浮かんでいる。気温は33℃。今日に続いてマイアミの5月にしては高い気温の中で、予選を前にしてフリー走行3が始まる。

<13時00分>(日本時間翌8日02時00分)
セッション開始。

☆☆ 初日金曜日は、S字区間のターン9でアクシデントが相次いだ。今日もそこが鬼門であることに変わりない。

☆☆ 縁石カットが、ジャンプしてクラッシュの原因のひとつとの考え方から、S字の縁石イン側には、ボラード(筒状のパイロン)が立てられた。

<13時06分>(日本時間翌8日02時06分)
1. フェルタッペン+レッドブル 1分31秒555
2. ルクレール+フェラーリ +0.351
3. ボッタス+アルファロメオ
4. シューマッハ+ハース
5. ガスリー+アルファタウリ
6. ペレス+レッドブル
7. サインツ+フェラーリ
8. 角田裕毅+アルファタウリ
9. ハミルトン+メルセデス
10. ラッセル+メルセデス
11. フェッテル+アストンマーチン
12. オコン+アルピーヌ
13. リカルド+マクラーレン
14. ストロール+アストンマーチン
15. アロンソ+アルピーヌ
16. ノリス+マクラーレン
17. マグヌッセン+ハース
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. アルボン+ウィリアムズ
20. 周冠宇+アルファロメオ

<13時14分>(日本時間翌8日02時14分)
赤旗!!
オコン+アルピーヌがバリアに張りついた。
左サイドを大きく破損している。

☆☆ 右から左に切り込むターン14。左コーナーでリヤのグリップを失ってスピン、半回転して接触。

<13時27分>(日本時間翌8日02時27分)
セッション開始。
ピットレーン出口に並んでいたマシンが続々とコースインしていく。

<13時41分>(日本時間翌8日02時41分)
ルクレール+フェラーリが1分30秒台に入れてフェルタッペン+レッドブルのタイムを更新した。

1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ボッタス+アルファロメオ
4. サインツ+フェラーリ
5. アロンソ+アルピーヌ
6. マグヌッセン+ハース
7. シューマッハ+ハース
8. ラッセル+メルセデス
9. ガスリー+アルファタウリ
10. 周冠宇+アルファロメオ
11. ハミルトン+メルセデス
12. フェッテル+アストンマーチン
13. サインツ+フェラーリ
14. 角田裕毅+アルファタウリ
15. アルボン+ウィリアムズ
16. リカルド+マクラーレン
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. ペレス+レッドブル
19. ノリス+マクラーレン
20. オコン+アルピーヌ

<13時50分>(日本時間翌8日02時50分)
ペレス+レッドブルがセクター2最速でトップへ。それをフェルタッペン+レッドブルがさらに上回り、レッドブルが1-2へ。

<13時52分>(日本時間翌8日02時52分)
テールグループにいたマクラーレンの2台がジャンプアップ。リカルド+マクラーレンがレッドブルの2台とルクレール+フェラーリに次ぐ3番手、ノリス+マクラーレンが6番手へ。

<13時55分>(日本時間翌8日02時55分)
ペレス+レッドブルがフェルタッペン+レッドブルの前に出た。
角田裕毅+アルファタウリも8番手に踏みとどまっている。
1. ペレス+レッドブル
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ルクレール+フェラーリ
4. フェッテル+アストンマーチン
5. サインツ+フェラーリ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ストロール+アストンマーチン
8. 角田裕毅+アルファタウリ
9. リカルド+マクラーレン
10. アルボン+ウィリアムズ
11. シューマッハ+ハース
12. ノリス+マクラーレン
13. ボッタス+アルファロメオ
14. ハミルトン+メルセデス
15. ガスリー+アルファタウリ
16. ラッセル+メルセデス
17. 周冠宇+アルファロメオ
18. マグヌッセン+ハース
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. オコン+アルピーヌ

<13時58分>(日本時間翌8日02時58分)
最後の確認アタック中のペレス+レッドブルがスピン、バリアに接触はしなかったが、ヒヤリとさせた。

☆☆ 多くのマシンにポーポシングが見られるが、メルセデスは中でもヒョコピョコ大きく、今日も苦戦して15番手。金曜日最速のラッセル+メルセデスも17番手。

フリー走行3結果
1. ペレス+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. アロンソ+アルピーヌ
5. フェッテル+アストンマーチン
6. シューマッハ+ハース
7. サインツ+フェラーリ
8. マグヌッセン+ハース
9. アルボン+ウィリアムズ
10. ノリス+マクラーレン
11. 角田裕毅+アルファタウリ
12. ストロール+アストンマーチン
13. リカルド+マクラーレン
14. ボッタス+アルファロメオ
15. ハミルトン+メルセデス
16. ガスリー+アルファタウリ
17. ラッセル+メルセデス
18. 周冠宇+アルファロメオ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. オコン+アルピーヌ

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER