F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   フェラーリ1-2–ライブタイムメモ/2022F1GP第5戦/アメリカGP/マイアミ・インターナショナル・オートドロモ/米国フロリダ州/マイアミ/予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

フェラーリ1-2–ライブタイムメモ/2022F1GP第5戦/アメリカGP/マイアミ・インターナショナル・オートドロモ/米国フロリダ州/マイアミ/予選

予選を前にしたフロリダ州マイアミのマイアミ・インターナショナル・サーキットは、気温32℃。灼熱の中で、熱い予選を待っている。

<15時50分>(日本時間04時50分)
注目は、レッドブルとフェラーリのポールポジション争い。逆に、フリー走行3で15番手と17番手に沈んだメルセデスの動き。もちろん、8番手タイムに踏ん張っている角田裕毅+アルファタウリの走りも◎の注目を集めている。


☆☆ フリー走行3でスピン、ギリギリでバリア接触を免れたフェルタッペン+レッドブルの軌道修正も注視しておきたい。

☆☆気温が33℃にジワリと上昇し、熱戦を煽っている。路面温度は50℃を超え、強めの風で舞った砂塵がコース上に降り注ぎ、厳しいコンディションでの闘いになりそうだ。

<16時00分>(日本時間2時00分)
セッション開始。

<16時04分>(日本時間05時04分)
フェルタッペン+レッドブルがセクター2でサインツ+フェラーリを0.5秒上回った。

<16時06分>(日本時間05時06分)
フェルタッペン+レッドブルが1分30秒235。サインツ+フェラーリを0.6秒以上突き放してた。
1. フェルタッペン+レッドブル
2. サインツ+フェラーリ
3. リカルド+マクラーレン
4. ルクレール+フェラーリ
5. ノリス+マクラーレン
6. ストロール+アストンマーチン
7. 角田裕毅+アルファタウリ
8. フェッテル+アストンマーチン
9. アルボン+ウィリアムズ
10. ラティフィ+ウィリアムズ
11. マグヌッセン+ハース
12. シューマッハ+ハース
13. 周冠宇+アルファロメオ
14. ペレス+レッドブル
15. ハミルトン+メルセデス
16. ガスリー+アルファタウリ
17. ラッセル+メルセデス
18. アロンソ+アルピーヌ
—-以下、ノータイム
19. ボッタス+アルファロメオ
20. オコン+アルピーヌ

<16時09分>(日本時間05時09分)
ガスリー+アルファタウリがコースを外した。

レッドブルが1-2、ラッセル+メルセデスが続き、サインツ+フェラーリまでは“順当”。

<16時11分>(日本時間05時11分)
フェラーリが1-2、ルクレール+フェラーリが1分29秒台で最速。フェルタッペン+レッドブルが続いている。角田裕毅+アルファタウリは、ボーダーラインの15番手。

<16時12分>(日本時間05時12分)
ハミルトン+メルセデスがコースを外してバリアに軽く接触。「クルマは大丈夫」とチームに報告。

<16時14分>(日本時間05時14分)
ハミルトン+メルセデスがタイヤ交換でピットイン。苦労はつついている。現在16番手。

1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. サインツ+フェラーリ
4. ペレス+レッドブル
5. リカルド+マクラーレン
6. ストロール+アストンマーチン
7. ノリス+マクラーレン
8. ラッセル+メルセデス
9. ボッタス+アルファロメオ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. アロンソ+アルピーヌ
12. 周冠宇+アルファロメオ
13. シューマッハ+ハース
14. マグヌッセン+ハース
15. 角田裕毅+アルファタウリ
—-ボーダーライン
16. ハミルトン+メルセデス
17. ガスリー+アルファタウリ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. アルボン+ウィリアムズ
20. オコン+アルピーヌ

<16時15分>(日本時間05時15分)
角田裕毅+アルファタウリが5番手へ!!

<16時17分>(日本時間05時17分)
ハミルトン+メルセデスが5番手へ。角田裕毅+アルファタウリ、ラッセル+メルセデスと続いている。

Q1結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ペレス+レッドブル
4. サインツ+フェラーリ
5. ハミルトン+メルセデス
6. アロンソ+アルピーヌ
7. ストロール+アストンマーチン
8. 角田裕毅+アルファタウリ
9. ラッセル+メルセデス
10. リカルド+マクラーレン
11. シューマッハ+ハース
12. フェッテル+アストンマーチン
13. ノリス+マクラーレン
14. ガスリー+アルファタウリ
15. ボッタス+アルファロメオ
—-ボーダーライン
16. マグヌッセン+ハース
17. 周冠宇+アルファロメオ
18. アルボン+ウィリアムズ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
—-以下、ノータイム
20. オコン+アルピーヌ


<16時26分>(日本時間05時26分)
フェラーリ2台だけが1分29秒台。そのルクレール+フェラーリが早々にコースインした。

1. サインツ+フェラーリ
2. ルクレール+フェラーリ
3. シューマッハ+ハース
4. ボッタス+アルファロメオ
5. フェルタッペン+レッドブル
6. ペレス+レッドブル
7. ハミルトン+メルセデス
8. ラッセル+メルセデス
9. ノリス+マクラーレン
10. アロンソ+アルピーヌ
—-ボーダーライン
11. ストロール+アストンマーチン
12. 角田裕毅+アルファタウリ
13. リカルド+マクラーレン
14. フェッテル+アストンマーチン
15. ガスリー+アルファタウリ

<16時31分>(日本時間05時31分)
角田裕毅+アルファタウリが6番手、そのタイムをチームメイトのガスリーが更新してスクーデリア・アルファタウリの2台が6-7番手に並んだ。

<16時33分>(日本時間05時33分)
ラッセル+メルセデスがバンプに弾かれ、アタックを中断した。

<16時35分>(日本時間05時35分)
残り5分。
1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ペレス+レッドブル
4. サインツ+フェラーリ
5. ハミルトン+メルセデス
6. ガスリー+アルファタウリ
7. ラッセル+メルセデス
8. ボッタス+アルファロメオ
9. アロンソ+アルピーヌ
10. 角田裕毅+アルファタウリ
—-ボーダーライン
11. ノリス+マクラーレン
12. ストロール+アストンマーチン
13. シューマッハ+ハース
14. フェッテル+アストンマーチン
15. リカルド+マクラーレン

<16時40分>(日本時間05時40分)
フェッテル+アストンマーチンとストロール+アストンマーチンがタイムアップして、17番手にはじき出されていた角田裕毅+アルファタウリが9番手タイム。

Q2結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ノリス+マクラーレン
4. ペレス+レッドブル
5. サインツ+フェラーリ
6. ボッタス+アルファロメオ
7. ハミルトン+メルセデス
8. ストロール+アストンマーチン
9. 角田裕毅+アルファタウリ
10. ガスリー+アルファタウリ
—-以下、ノックアウト
11. アロンソ+アルピーヌ
12. ラッセル+メルセデス
13. フェッテル+アストンマーチン
14. リカルド+マクラーレン
15. シューマッハ+ハース


フリー走行で下位に沈んでいたハミルトン+メルセデスが7番手まで来た。一方のラッセルは、ノックアウトを喫した。
角田裕毅+アルファタウリが、チームメイトのガスリーを僅かに押さえ込んで9番手でQ3に進出。

<16時51分>(日本時間05時51分)
フェラーリの二人のチームメイトバトルが熱い。
1-2を形成。
そこにフェルタッペン+レッドブルが一気にトップへ。差は0.064秒。
角田裕毅+アルファタウリ8番手で10番手のガスリーを陵駕した。

<16時55分>(日本時間05時55分)
最終アタックを待つトップ10のオーダー。
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ペレス+レッドブル
5. ボッタス+アルファロメオ
6. ハミルトン+メルセデス
7. ノリス+マクラーレン
8. 角田裕毅+アルファタウリ
9. ストロール+アストンマーチン
10. ガスリー+アルファタウリ

☆☆ 角田裕毅+アルファタウリはもちろんとして、注目は、ボッタス+アルファロメオとストロール+アストンマーチンがそれぞれ5番手と9番手にいること。

<16時59分>(日本時間05時59分)
10台全車がコースインして最後のアタックが始まっている。

<17時分>(日本時間06時分)
ルクレール+フェラーリがベストタイム。サインツ+フェラーリが2番手。フェルタッペン+レッドブルは、セクター1でアタックを辞めた。何が起きた!?
ガスリー+アルファタウリ7番手、角田裕毅+アルファタウリ9番手。

1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. ペレス+レッドブル
5. ボッタス+アルファロメオ
6. ハミルトン+メルセデス
7. ガスリー+アルファタウリ
8. ノリス+マクラーレン
9. 角田裕毅+アルファタウリ
10. ストロール+アストンマーチン

予選結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. ペレス+レッドブル
5. ボッタス+アルファロメオ
6. ハミルトン+メルセデス
7. ガスリー+アルファタウリ
8. ノリス+マクラーレン
9. 角田裕毅+アルファタウリ
10. ストロール+アストンマーチン
—-以下、Q1ノックアウト
11. アロンソ+アルピーヌ
12. ラッセル+メルセデス
13. フェッテル+アストンマーチン
14. リカルド+マクラーレン
15. シューマッハ+ハース
16. マグヌッセン+ハース
17. 周冠宇+アルファロメオ
18. アロンソ+アルピーヌ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. オコン+アルピーヌ

[STINGER]山口正己
photo by formula1.com 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER