F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   すべてが不運すぎた–フェラーリのモナコGP

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

すべてが不運すぎた–フェラーリのモナコGP

ロイヤルボックスに招かれたサインツ。しかし彼の2位だけでなく、ルクレールの4位も、チームにもドライバーにも不満が残る結果だった。

雨に翻弄されたモナコGP。29日日曜日のスクーデリア・フェラーリは、土曜日の予選でフロントローを決めて高まった期待をレースにつなげることができなかった。カルロス・サインツが2位、シャルル・ルクレールが4位。1-2なら45ポイントを持ち帰ることができたけれど、実際には2位と4位の30ポイントは、我慢を強いられ、特にドライバーにとっては苛立たしいレースになった。

スタート直前の激しい雨で、コースのあちこちに水たまりができた。天候の回復を待った後に、セーフティカー先導で2周し、1時間以上遅れてレースがスタートすることが決まった。

レースが始まるとコースはどんどん乾き、16周目にトップのセルジオ・ペレス(フェラーリ)が最初にピットインしてウェットタイヤからインターミディエイトタイヤに切り替えた。

これに対してルクレールは、マックス・フェルスタッペンと同じく、2周後に同じインターミディエイトに交換。しかし、サインツは22周目まで交換を伸ばした後にスリックのドライ・タイヤにチェンジした。これでセルジオ・ペレスがカルロスの前に出て、フェルタッペン+レッドブルにも先を譲り、レースはレッドブルの手に渡った。この時点でレースはほとんど終わった。

シューマッハ+ハースがプールサイドコーナー出口で激しくクラッシュ、幸いにもシューマッハは無傷だったが、レースは赤旗中断。F1-75はライバルよりも速かったが、モナコではオーバーテイクが簡単ではなく、ポジションは変わらなかった。

スクーデリア・フェラーリは、6月10-12日のバクーのアゼルバイジャンGPに向けて、マラネロでモナコのデータが詳細に分析する。

カルロス・サインツ(2位)
「大変なレースだったけれど、全体的にはがっかりすることはなかった。ウェットからスリックにタイヤを移行するという正しい呼びかけをしたけれど、残念ながら、アウトラップで前のクルマをラップするのに時間がかかりすぎて、トップになるチャンスを逃してしまった。ピットストップの後、ピット前と同じようにペレスのすぐ後ろでレースに戻ったけれど、ここでの追い越しは元々困難で、さらにレーシングライン上にウェットパッチがあったので、今日はさらに追い越しを難しくしていました。勝つためにすべてやり遂げました。次のダブルヘッダーに向けて、チームとしてより強くなって戻ってきます」

シャルル・ルクレール(4位)
「勝利を失ったことに失望しています。ガッカリです。特にホームでの勝利は難しいものだけれど、二度と同じことが起こらないように、何が起こったのかを正確に理解することが重要です」

「最初のピットストップでは、ウェットからインターミディエイトの状況になり、ペレスにアンダーカットされました。3周後、私はカルロスの後ろで再びピットインして、さらに2つのポジションを失いました。大きなリスクを冒さずにモナコで追い抜くことは不可能なので、できるだけ多くのポイントを持ち帰ることに集中しました」

「今日の状況では、4位がベストだったと思います。時には間違いが起こりますが、残念ながら今日はあまりにも多くのことが起きたけれど、ボクは自分のチームが大好きで、より強く戻ってくると確信しています」

マティアス・ビノット・チームプリンシパル兼マネージング・ディレクター
「2台がフロントローからスタートし勝てなかったということは、私たちのサイドに何かがうまくいかないことがあったことを意味します。私たちはいくつかの悪い決断をし、代償を払ったと思います。シャルルはホームレースなので申し訳けないことをしたました。彼にとって特に重要だったし、私たち全員にとっても同じでしたた」

「他にも、今日の結果に影響を与えた要素がありました。たとえば、ピットストップ後にトラックに戻ったときに、両方のドライバーが遭遇したトラフィックなど、おそらくカルロスの勝利を犠牲にした要因です。間違いが起こる可能性がは常にありますが、間違いから学び、それを改善の機会としてとらえることが重要です。今後数日間、アゼルバイジャンとカナダで開催される2周連続のレースの準備とともに、このレースを詳細に分析します」

【STINGER】
Photo by Ferrari S.p.A / FERRARI MEDIA

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER