F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2022F1GP第8戦/バクー・インターナショナル・サーキット/アゼルバイジャンGP/アゼルバイジャン/バクー/フリー走行1

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2022F1GP第8戦/バクー・インターナショナル・サーキット/アゼルバイジャンGP/アゼルバイジャン/バクー/フリー走行1

ライブタイムメモ/2022F1GP第8戦/バクー・インターナショナル・サーキット/アゼルバイジャンGP/アゼルバイジャン/バクー/フリー走行1

モナコに続く公道コースの連戦。しかし、モナコが低速なのに対して、アゼルバイジャンGPのバクーは超高速。いずれもガードレールか石垣に囲まれてセフティ・ゾーンはゼロと言っていいリスキーなシチュエーション。角田裕毅は、ここでは壁に当たれない、と注意深くセッションに備えている。

<15時00分>(日本時間20時00分)
セッション開始。

<15時07分>(日本時間20時07分)
シューマッハ+ハースがコースオフ。バリア寸前で、“トルク・プロテクションが作動した”とピットに報告。大量の水がマシンから溢れた。

<15時12分>(日本時間20時12分)
ハミルトン+メルセデスがターン15でバリアにマシンをこすった。

<15時13分>(日本時間20時13分)
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ペレス+レッドブル
3. アロンソ+アルピーヌ
4. サインツ+フェラーリ
5. ガスリー+アルファタウリ
6. マグヌッセン+ハース
7. リカルド+マクラーレン
8. ノリス+マクラーレン
9. オコン+アルピーヌ
10. フェッテル+アストンマーチン
11. ボッタス+アルファロメオ
12. アルボン+ウィリアムズ
13. ラッセル+メルセデス
14. ルクレール+フェラーリ
15. ハミルトン+メルセデス
16. 周冠宇+アルファロメオ
17. 角田裕毅+アルファタウリ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. ストロール+アストンマーチン
20. シューマッハ+ハース

<15時15分>(日本時間20時15分)
ヴァーチャルセフティカー。
ラティフィ+ウィリアムズがコースオフ。その処理のため。

<15時33分>(日本時間20時33分)
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ペレス+レッドブル
3. ルクレール+フェラーリ
4. ガスリー+アルファタウリ
5. 角田裕毅+アルファタウリ
6. サインツ+フェラーリ
7. アロンソ+アルピーヌ
8. マグヌッセン+ハース
9. アルボン+ウィリアムズ
10. オコン+アルピーヌ
11. ボッタス+アルファロメオ
12. リカルド+マクラーレン
13. ハミルトン+メルセデス
14. ラッセル+メルセデス
15. ノリス+マクラーレン
16. フェッテル+アストンマーチン
17. ストロール+アストンマーチン
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. 周冠宇+アルファロメオ
20. シューマッハ+ハース

<15時40分>(日本時間20時40分)
ペレス+レッドブルが最速。
フェルタッペン+レッドブルが続き、フェラーリの2台を抑えている。
ここでも、レッドブルとフェラーリがトップ4を占めている。

☆☆ 2強に続いているのが、ガスリー+アルファタウリアロンソ+アルピーヌ、そして角田裕毅+アルファタウリ。

<15時44分>(日本時間20時44分)
激しいポーポシングの洗礼を受けながら、ハミルトン+メルセデスが5番手へ。そのタイムをガスリー+アルファタウリが更新して5番手へ。

<15時50分>(日本時間20時50分)
レッドブルの2台にルクレール+フェラーリが割り込んだ。

1. ペレス+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. サインツ+フェラーリ
5. ハミルトン+メルセデス
6. ガスリー+アルファタウリ
7. 角田裕毅+アルファタウリ
8. ラッセル+メルセデス
9. アロンソ+アルピーヌ
10. ノリス+マクラーレン
11. マグヌッセン+ハース
12. フェッテル+アストンマーチン
13. 周冠宇+アルファロメオ
14. アルボン+ウィリアムズ
15. オコン+アルピーヌ
16. ストロール+アストンマーチン
17. ボッタス+アルファロメオ
18. リカルド+マクラーレン
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. シューマッハ+ハース

☆☆ 角田裕毅+アルファタウリがハミルトン+メルセデスに続く5番手へ。

☆☆ レッドブルは、ペレス+レッドブルが軽いタンクでタイムを、フェルタッペン+レッドブルが燃料を積んでレースに向けたセットを試している。チーム戦としてレッドブルは着実にセッションをこなしている。

<15時58分>(日本時間20時58分)
アタックをトライしたガスリー+アルファタウリがコースを曲がれずにランオフエリアに逃げた。

<16時00分>(日本時間21時00分)
フリー走行1結果
1. ペレス+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. サインツ+フェラーリ
5. ハミルトン+メルセデス
6. 角田裕毅+アルファタウリ
7. ラッセル+メルセデス
8. アロンソ+アルピーヌ
9. ガスリー+アルファタウリ
10. オコン+アルピーヌ
11. ノリス+マクラーレン
12. ストロール+アストンマーチン
13. マグヌッセン+ハース
14. フェッテル+アストンマーチン
15. ボッタス+アルファロメオ
16. 周冠宇+アルファロメオ
17. アルボン+ウィリアムズ
18. リカルド+マクラーレン
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. シューマッハ+ハース

[STINGER]山口正己

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER