F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   2022インディカ第8戦ロードアメリカ–琢磨19番グリッド

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

2022インディカ第8戦ロードアメリカ–琢磨19番グリッド

6月11日にウィスコンシン州エルクハートレイクのロードアメリカで行なわれたソンシオGPの予選で、デイル・コイン・レーシング・ウィズRWRのNurtec ODTホンダの佐藤琢磨は、第1セグメントで第1グループの10番手を記録して、19番グリッドからのスタートを決めた。

プライマリー・タイヤで予選セッションを走り始めた琢磨は、計測2周目に1分45秒7045を記録、この時点で第1グループの3番手に着けたが、その後、オルタナティブ・タイヤに履き替えたが、タイムを更新することができず、第1グループの10番手に後退して予選を終えた。

明日は現地時間のAM11:55に決勝レースがスタートする。

佐藤琢磨
「今日はいい部分と悪い部分の両面がある1日となりました。ボクたちのマシーンは、プライマリー・タイヤでは好調だったけれと、予選で重要になるレッド・タイヤではその本領を引き出すことができず、第2セグメントに進出できませんでした」

「今日は変わりやすい天気でしたが、最終プラクティスではいくつかのメニューを試せたので、クルマの状態はよくなったはずです。予選より決勝のほうがよくなると捉えているので、明日のレースでいい結果が残せることを期待しています。きっと、面白い戦いになりますよ」

【STINGER】
photo by INDYCAR

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン310ポイント
2位シャルル・ルクレール201ポイント
3位セルジオ・ペレス201ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング511ポイント
2位フェラーリ376ポイント
3位メルセデス346ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER