F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   トヨタ・5連勝の裏舞台–ガズー・レーシングの第90回ルマン24時間

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

トヨタ・5連勝の裏舞台–ガズー・レーシングの第90回ルマン24時間

見事な1-2!!

6月11日から12日に行なわれた90回目のルマン24時間レースは、TGR(トヨタ・ガズー・レーシング)の2台による数秒差での首位争いが16時間に及んだ。256周目に首位を走行していたロペスの7号車が、フロントモーター関連の電装系トラブルでコース上に立ち往生。このバトルは終焉を迎えた。

一旦はコース脇に車両を停めたロペスだったが、システム再起動で走行を再開してピットイン。さらに再起動作業などを行なってトラブルを解決してスピードを取り戻したが、このタイムロスで、替わってトップに立ったハートレーの8号車から約1周分の差をつけられることになった。

車両性能が拮抗した2台のこの差は大きく、ロペスは最後の30分に、最速ラップを叩き出す走りで追い上げたものの、追いつくまでには到らなかった。

9日(木)のハイパーポールで、最終盤にドラマティックな逆転アタックを見せてポールポジションを獲得したハートレーが、8号車のアンカーとして、第90回ルマン24時間レースの栄光のチェッカーをトップで受けた。ロペスの7号車が続き、計5,177kmでの24時間の戦いを、TGRの2台が同一周回の1-2で走り抜いた。

WECのシーズン選手権争いでは、他のレースの倍のポイントを獲得できるルマンで1-2フィニッシュを果たしたことで、TGRはマニュファクチャラーズランキングで2位のアルピーヌに22ポイント差の首位に浮上。ドライバーズポイントでも、8号車の3人が首位のアルピーヌ36号車に3ポイント差の2位と大きく躍進、7号車の3人は首位と20ポイント差の4位に着ける結果となった。

7月10日-12に行なわれる次戦イタリアのモンツァ6時間には、宿敵プジョーのニューマシン『9X8』が登場、まずは10月のWECジャパンの“決戦”の期待を盛り上げることになっている。

【STINGER】
photo by GAZOO RACING

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン175ポイント
2位セルジオ・ペレス129ポイント
3位シャルル・ルクレール126ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング304ポイント
2位フェラーリ228ポイント
3位メルセデス188ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER