F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2022F1GP第11戦/オーストリアGP/レッドブル・リンク/オーストリア・シューペルバーグ/予選

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2022F1GP第11戦/オーストリアGP/レッドブル・リンク/オーストリア・シューペルバーグ/予選

<15時45分>(日本時間23時45分)
レッドブル・リンクは、雨の予報もあったが、空は持ちこたえている。

<17時00分>(日本時間翌9日00時00分)
セッション開始。

イギリスで大クラッシュした周冠宇+アルファロメオがコースインした。

<17時11分>(日本時間翌2日00時11分)
1. ペレス+レッドブル
2. アロンソ+アルピーヌ
3. ルクレール+フェラーリ
4. サインツ+フェラーリ
5. シューマッハ+ハース
6. オコン+アルピーヌ
7. ラッセル+メルセデス
8. マグヌッセン+ハース
9. ボッタス+アルファロメオ
10. ノリス+マクラーレン
11. ハミルトン+メルセデス
12. ストロール+アストンマーチン
13. アルボン+ウィリアムズ
14. 角田裕毅+アルファタウリ
15. ガスリー+アルファタウリ
—-以下、ノックアウトゾーン
16. リカルド+マクラーレン
17. フェッテル+アストンマーチン
18. 周冠宇+アルファロメオ
—-以下、ノータイム
19. フェルタッペン+レッドブル
20. ラティフィ+ウィリアムズ

<17時13分>(日本時間翌9日00時13分)
ハミルトン+メルセデスが最速。それをフェルタッペン+レッドブルが更新。さらにルクレール+フェラーリとサインツ+フェラーリが1-2に立った。

Q1結果
1. ルクレール+フェラーリ
2. サインツ+フェラーリ
3. フェルタッペン+レッドブル
4. アロンソ+アルピーヌ
5. ハミルトン+メルセデス
6. ペレス+レッドブル
7. ラッセル+メルセデス
8. ノリス+マクラーレン
9. マグヌッセン+ハース
10. シューマッハ+ハース
11. ボッタス+アルファロメオ
12. 角田裕毅+アルファタウリ
13. オコン+アルピーヌ
14. アルボン+ウィリアムズ
15. ガスリー+アルファタウリ
—-以下、ノックアウト
16. リカルド+マクラーレン
17. ストロール+アストンマーチン
18. 周冠宇+アルファロメオ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. フェッテル+アストンマーチン

<16時28分>(日本時間翌2日00時28分)
ルクレール+フェラーリが最速、それをフェルタッペン+レッドブル、ハミルトン+メルセデスが更新。ラッセル+メルセデスも3番手に食い込んでいる。

ノリス+マクラーレンがターン4でブレーキロック。
※Q1でトラブルに見舞われて20分ほどしか走れていない。

<16時30分>(日本時間翌2日00時30分)
アルボン+ウィリアムズが7番手。

<16時31分>(日本時間翌2日00時31分)
ハミルトン+メルセデスがセクター2最速。メルセデスは、イギリスからアップデイトが利いて、ペースアップしている。フェルタッペン+レッドブルを挟んでラッセル+メルセデスが3番手。

<16時32分>(日本時間翌2日00時32分)
マグヌッセン+ハースが6番手、それをチームメイトのシューマッハが更新した。興味津々の予選になっている。

<16時33分>(日本時間翌2日00時33分)
アロンソ+アルピーヌが6番手へ。

角田裕毅+アルファタウリが13番手、それをガスリー+アルファタウリが更新。角田はトラックリミットギリギリ。

残り5分
1. ハミルトン+メルセデス
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ラッセル+メルセデス
4. ルクレール+フェラーリ
5. サインツ+フェラーリ
6. アロンソ+アルピーヌ
7. シューマッハ+ハース
8. マグヌッセン+ハース
9. オコン+アルピーヌ
10. ボッタス+アルファロメオ
—-ボーダーライン
11. ペレス+レッドブル
12. アルボン+ウィリアムズ
13. ガスリー+アルファタウリ
14. 角田裕毅+アルファタウリ
15. ノリス+マクラーレン

Q2結果
角田裕毅+アルファタウリは、大きくフラついてタイムアップならず。
9/1000秒差。
1. ルクレール+フェラーリ
2. フェルタッペン+レッドブル
3. ハミルトン+メルセデス
4. サインツ+フェラーリ
5. ラッセル+メルセデス
6. ペレス+レッドブル
7. マグヌッセン+ハース
8. オコン+アルピーヌ
9. アロンソ+アルピーヌ
10. シューマッハ+ハース
—-以下、ノックアウト
11. ガスリー+アルファタウリ
12. アルボン+ウィリアムズ
13. ボッタス+アルファロメオ
14. 角田裕毅+アルファタウリ
15. ノリス+マクラーレン

6番手のペレス+レッドブルが、セッション後にトラックリミット違反が審議される。
※Q3の決定の前に判断されていれば、ガスリー+アルファタウリがQ3に進出できた。

<17時53分>(日本時間翌2日00時53分)
フェルタッペン+レッドブルがトップに立ち、オレンジ色のスタンドが揺れた。

ハミルトン+メルセデスがセクター3でバリアにクラッシュ。
赤旗。

マシンは、右サイドがかなり破損している。

チームからの問いかけに、「済まなかった」とハミルトン。自力でコクピットを出た。

手前の左コーナーで、かすかに右リヤタイヤをダートに落として砂塵を巻き上げていた。

☆☆ イギリスGPに向けてのアップデイトが功を奏して、フェラーリとレッドブルに対して、戦えるレベルになったことで攻めた結果のクラッシュ、と森脇解説者。

☆☆ マシンがよくなったことで、マシンを振り回せるようになった結果、ということ。

<18時05分>(日本時間翌2日01時05分)
ルイス・ハミルトンが歩いてピットに戻り、ちょうどそのタイミングでQ3が始まった。

<18時08分>(日本時間翌2日01時08分)
ハミルトンに続いて、ラッセル+メルセデスがクラッシュ。リヤからバリアに激突。チームラジオの「大丈夫か?」の問いかけに、「OK」と返答。ピットに戻るために、トボトボと歩いコースを渡った。

赤旗中
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ペレス+レッドブル
5. ラッセル+メルセデス
6. オコン+アルピーヌ
7. アロンソ+アルピーヌ
8. マグヌッセン+ハース
9. ハミルトン+メルセデス
10. シューマッハ+ハース

☆☆ ラッセルは、許可なくコースを横断したことが記録された。

<18時13分>(日本時間翌9日01時13分)
18時18分でセッション再開。

ラッセルのコース横断は、セッション後に審議。罰金!?

<18時18分>(日本時間翌9日01時18分)
セッション再開。
ハースの2台を先頭に、ピット出口に並んでいたマシンが一斉にコースインしていく。

<18時21分>(日本時間翌9日01時21分)
トップに立ったフェラーリのタイムを、フェルタッペン+レッドブルが逆転して、オレンジの煙幕がコースに広がった。

☆☆ フェルタッペン+レッドブルのラストアタックは、セクター1-2の不振をセクター3で挽回する素晴しいアタックだった。

ハースの二人がQ3に進出したのも大きな話題。

オーストリアGPは、初日金曜日から、まるで決勝レースのようなドラマ満載の展開を見せた。

改めて、F1GPは、面白さを加速してシーズンを進んでいる。

オーストリアGP予選(明日のスプリントのグリッド)
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ペレス+レッドブル
5. ラッセル+メルセデス
6. オコン+アルピーヌ
7. アロンソ+アルピーヌ
8. マグヌッセン+ハース
9. ハミルトン+メルセデス
10. シューマッハ+ハース
—-以下、Q2ノックアウト
11. ガスリー+アルファタウリ
12. アルボン+ウィリアムズ
13. ボッタス+アルファロメオ
14. 角田裕毅+アルファタウリ
15. ノリス+マクラーレン
—-以下、Q1ノックアウト
16. リカルド+マクラーレン
17. ストロール+アストンマーチン
18. 周冠宇+アルファロメオ
19. ラティフィ+ウィリアムズ
20. フェッテル+アストンマーチン

【STINGER】
photo by redbull

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER