F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ライブタイムメモ/2022F1GP第11戦/オーストリアGP/レッドブル・リンク/シューペルバーグ/スプリント

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ライブタイムメモ/2022F1GP第11戦/オーストリアGP/レッドブル・リンク/シューペルバーグ/スプリント

短いコースで、23周の文字どおりのスプリント・レース。オーバーテイク合戦の期待が膨らむ。

<16時05分>(日本時間23時05分)
予選では、フェルタッペン+レッドブルが最後の最後にフェラーリの2台を僅かな差で押さえ込んだが、予選を前にしたフリー走行3では、フェラーリが1-2。激しいトップ争いが繰り広げられた。

レッドブル・リンクの気温は21℃。フリー走行2より若干上昇した。この気温がどう影響するか。

珍しくそろってクラッシュを喫したメルセデスの2人も、ラッセルが4番手、ハミルトンが9番てグリッドだが、“トップ3を狙える”、と自信のコメントを残して、闘いの期待を盛り上げている。

まもなく、スプリント・レースがスタートする。

<16時30分>(日本時間23時30分)
フォーメーションラップが始まった。

しかし、イエローフラッグ。アロンソ+アルピーヌが動けない。
タイヤウォーマーをつけたままだ。

アロンソ+アルピーヌはピットに戻され、たが、隊列は短い1周を終えてグリッドに並び始めた。

周冠宇+アルファロメオが最終コーナーで停まっている。
赤旗。

周冠宇+アルファロメオは動き始めて、最後尾につけた。

エキストラ・フォーメーション・ラップが始まり、周冠宇+アルファロメオはピット・スタートになる。

アロンソ+アルピーヌは、ピットレーン出口に向かった。

周冠宇+アルファロメオがピットに戻り、アロンソ+アルピーヌの後ろに並んだ。

<18時36分>(日本時間23時36分)
スタート!!
1コーナー、後続集団の中で誰かがスピンした。

フェルタッペン+レッドブルがトップで2周目に入った。

2周目
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ラッセル+メルセデス
5. オコン+アルピーヌ
6. マグヌッセン+ハース
7. シューマッハ+ハース
8. ペレス+レッドブル
9. ボッタス+アルファロメオ
10. アルボン+ウィリアムズ
11. ハミルトン+メルセデス
12. ノリス+マクラーレン
13. リカルド+マクラーレン
14. フェッテル+アストンマーチン
15. ストロール+アストンマーチン
16. 角田裕毅+アルファタウリ
17. ラティフィ+ウィリアムズ
18. ガスリー+アルファタウリ
19. 周冠宇+アルファロメオ
—-以下、リタイア
20. アロンソ+アルピーヌ

☆☆ スピンしたのは、ハミルトン+メルセデスと接触したガスリー+アルファタウリ。

4周目
ルクレール+フェラーリがファステストラップ。

1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ラッセル+メルセデス
5. オコン+アルピーヌ
6. マグヌッセン+ハース
7. シューマッハ+ハース
8. ペレス+レッドブル
9. ボッタス+アルファロメオ
10. ハミルトン+メルセデス
11. アルボン+ウィリアムズ
12. ノリス+マクラーレン
13. リカルド+マクラーレン
14. フェッテル+アストンマーチン
15. ストロール+アストンマーチン
16. ラティフィ+ウィリアムズ
17. 角田裕毅+アルファタウリ
18. ガスリー+アルファタウリ
19. 周冠宇+アルファロメオ

6周目
フェルタッペン+レッドブルとルクレール+フェラーリの差は2.446秒。

7周目
サインツ+フェラーリがルクレール+フェラーリをパスしたが、クロスラインでルクレール+フェラーリが2位に戻った。フェラーリの“自由だが、リスキーな放任主義”!?

アルボン+ウィリアムズに5秒ペナルティ。スタートの混戦でノリス+マクラーレンを追い出したカド。

ペレス+レッドブルがシューマッハ+ハースを交わして7番手へ!!
非常に目まぐるしい展開。

ペレス+レッドブルがマグヌッセン+ハースを交わして6番手へ。

フェッテル+アストンマーチンが、アルボン+ウィリアムズと接触してスピン。グラベルには捕まらずにコースに復帰。

12周目
ハミルトン+メルセデスがハースの2台に追いついてきた。現在9番手。

13周目
1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ラッセル+メルセデス
5. ペレス+レッドブル
6. オコン+アルピーヌ
7. マグヌッセン+ハース
8. シューマッハ+ハース
—-以上、スプリントのポイント圏内
9. ハミルトン+メルセデス
10. ボッタス+アルファロメオ
11. ノリス+マクラーレン
12. リカルド+マクラーレン
13. アルボン+ウィリアムズ
14. ストロール+アストンマーチン
15. 角田裕毅+アルファタウリ
16. ガスリー+アルファタウリ
17. 周冠宇+アルファロメオ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
19. フェッテル+アストンマーチン

☆☆ ハミルトン+メルセデス、なかなか前に出られない。

23周レースの17周目
角田裕毅+アルファタウリが、ガスリー+アルファタウリと周冠宇+アルファロメオに交わされて17番手。

シューマッハ+ハースがディフェンス・ラインを巧みに取ってハミルトンに隙を与えない。

☆☆ まるでカートレースのようなバトルが展開している。

クロスラインの応酬で激しく争いシューマッハ+ハースとハミルトン+メルセデスにボッタス+アルファロメオが追いついてきた。

残り3周
ハミルトン+メルセデスがギリギリでシューマッハ+ハースをパス。しかし、シューマッハ+ハースも諦めないで食らいついている。

周冠宇+アルファロメオがガスリー+アルファタウリを交わして15番手へ。

ゴール!!

スプリント結果
1位から8位に、8、7、6、5、4、3、2、1ポイントが与えられる。

1. フェルタッペン+レッドブル
2. ルクレール+フェラーリ
3. サインツ+フェラーリ
4. ラッセル+メルセデス
5. ペレス+レッドブル
6. オコン+アルピーヌ
7. マグヌッセン+ハース
8. ハミルトン+メルセデス
—-以上、ポイント圏内
9. シューマッハ+ハース
10. ボッタス+アルファロメオ
11. ノリス+マクラーレン
12. リカルド+マクラーレン
13. アルボン+ウィリアムズ
14. ストロール+アストンマーチン
15. 周冠宇+アルファロメオ
16. ガスリー+アルファタウリ
17. 角田裕毅+アルファタウリ
18. ラティフィ+ウィリアムズ
—-以下、リタイア
19. フェッテル+アストンマーチン
20. アロンソ+アルピーヌ

[STINGER]山口正己

 

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER