F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集

F1/モータースポーツ深堀サイト:山口正己責任編集 F1 STINGER 【スティンガー】 > F1ニュース >   ダ・コスタvsバンドーン!!–フォーミュラE第12戦ニューヨーク

F1ニュース F1の動向が一目でわかる新着ニュースや最新トピックを随時更新。

ダ・コスタvsバンドーン!!–フォーミュラE第12戦ニューヨーク

トップ3。左から、優勝のダ・コスタ、バンドーン、エバンス。

ニューヨークのマンハッタンの対岸の特設公道コースで17日に行なわれたフォーミュラE第12戦ニューヨークシティePrixは、終盤にフォーミュラEの面白さを凝縮するドラマチックな展開で進み、アントニオ・フェリックス・ダ・コスタが、ストフェル・ヴァンドーンの追撃を振り切って今期3勝目、フォーミュラE通算5勝目を挙げた。

ダ・コスタは、ゴール地点でのバッテリー残量表示が0.0%という薄氷の勝利。ダ・コスタは惰性でゴールし、直前でアクセルオフによる回生充電でギリギリの逃げ切り、DSチチータ・チームにとってもチーム結成以来初めての美酒となった。

スーパーGTのタイトルホルダーを含めて日本でお馴染みのアッドレ・ロッテラーが、5番手のグリッドからフライング・スタートを冒して慌てて停止して9番手まで後退。トップ争いから置き去りとなった。

対して予選12番手のバンドーン(メルセデス-EQフォーミュラEチーム)が見事なダッシュを決め、その後もオーバーテイクを連発、終盤に“ファン・ブースト”でエネルギーをチャージして、チームメイトのデ・フリースを引き連れてトップのダ・コスタに迫ったが、バッテリー残量がギリギリとなったダ・コスタに僅かに届かなかった。しかしバンドーンは2位のポイントを加算、シリーズリーダーの座を護っている。

2022フォーミュラE第12戦ニューヨークトップ10
1. アントニオ・フィリックス・ダ・コスタ DSテチータ 46分55秒511
2. S.バンドーン メルセデス-EQフォーミュラ・チーム +0.929秒
3. M.エバンス ジャガーTCSレーシング +3.524秒
4. A.シムス マヒンドラ・レーシング +3.631秒
5. S.バード ジャガーTCSレーシング+4.412秒
6. R.フラインス エンビジョン・レーシング +4.979秒
7. N.デ・ブリース メルセデス-EQフォーミュラ・チーム +6.233秒
8. J.デニス アバランチェ・アンドレッティ・フォーミュラE +6.316秒
9. A.ロッテラー TAGホイヤー・ポルシェ・フォーミュラEチーム +6.590秒
10. E.モルタラ ROKITベンチュリ・レーシング +13.449秒

【STINGER】
photo by FormulaE

記事が役に立ったなと思ったらシェアを!

F1 最新レースデータ

F1 ポイント・ランキング

F1ドライバーズ・ポイント
1位マックス・フェルスタッペン233ポイント
2位シャルル・ルクレール170ポイント
3位セルジオ・ペレス163ポイント
F1 コンストラクターズ・ポイント
1位レッドブル・レーシング396ポイント
2位フェラーリ314ポイント
3位メルセデス270ポイント

PARTNER
[協賛・協力企業]

  • CLOVER